2009/12/26

丸の内⇒池袋

 今年もまた、いせ辰さんから案内状が届いた。
この案内状が届くと「あぁ、年の暮れだなー」と感じる。

File0026

 以前は、日本橋の丸善書店4階の催事場だったが、
 丸の内オアゾの丸善本店に移り、催事スペースも
 4分の1程に縮小されている。ちょっと寂しい気がする。

 丸の内のオフィス街の客筋と日本橋の客筋では、
かなりの違いがあるしね。 



 東京駅まで、どのルートで行くか?いつも考えてしまう。
 
 往きはバスで中野へ出て、中央線の快速に乗っていった。
 
 年賀用のタオルと版画「新版・猫の芸づくし」ポストカードや、
 手刷りの家内安全、無病息災の千社札を買った。

 案内状を持って行くと、おまけが貰える!ので、それも楽しみなのだ。
 今回はぽち袋の詰め合わせだった。

 帰路は、池袋の東急ハンズへ寄る予定だったので、地下鉄有楽町線を
利用し、東池袋で下車した。


 東急ハンズで、父の卓上カレンダーとペーパープレーンのキットを買った。

 
 正月休み(毎日が休日なのに)の為に、ペーパープレーンは手を付けず、
そのままにしてある。

 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/15

谷中七福神めぐり 番外編 その二 (シリーズ最終回)

20090108_143

20090108_145

20090108_146


 左は護国院(大黒天)から不忍池・弁財天に向かう途中の清水坂にある、
ツタに覆われた古い倉庫のような建物。
 中央の建物(上田邸・旧忍旅館)の説明は、右の写真にあります。


20090108_148

20090108_149

明治の文豪、森鴎外の旧居跡。
現在は水月ホテル鴎外荘。

 

20090108_152

20090108_158

20090108_161

 
 不忍池畔のベンチで、弁当を食べていたカップルからご飯をもらったねこさん、
なぜか食べたくない様子。(玉子焼きが欲しいにゃぁ)
 中央はキンクロハジロ。
 右は何だろう?調べてみます。=たぶんハシビロガモでしょう。

 
 デジカメの電池も切れ、かなり疲れを感じ、目指すはアメ横の昇龍。
 ここの餃子は大好き!四個で一人前、大きくて旨くて安くて、最高です。
 餃子と、この日はラーメンを食べた。いつもはタンメンだけどね。

 建物の写真を撮る時に、広角が欲しいとつくづく思った。 
 これで、谷中七福神めぐりシリーズを終わります。
 
 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

谷中七福神めぐり 番外編 その一

 谷中七福神めぐり 番外編は、七福神めぐりの途中で出会った建物やお店、動物などです。

20090108_047

20090108_113

20090108_117


 左は「谷中 トラモント」という、居酒屋風イタリアンのお店だそうです。
 中央は銭湯だそうですが、なかなか小洒落た外観です。
 右は吉田屋酒店、かなり古いお店ですが、しっかり保存されています。


20090108_121

20090108_125

20090108_127


 左は吉田屋酒店に向かい合っている、カヤバ珈琲、まさにレトロ!
 中央は、リサイクルショップのようです。
 右は、リサイクルショップの写真を撮っていたら、目の前を通って行ったバスです。上野から出ているのでしょうか?
 台東区循環バス・めぐりんだそうで、台東区も粋な事をやってくれますね~!次回の楽しみがまた増えました。


 番外編その二に続きます。

 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/14

谷中七福神めぐり その七

 谷中七福神めぐり その七
 上野護国院(大黒天)と上野不忍池・弁天堂です。

20090108_132_2

20090108_130

20090108_131_2



 上野護国院(大黒天)、ここでもご本尊の撮影を忘れている。
 七福神巡りをしているだけで、満足してしまっているのだ。
 淡白に過ぎる性格の表れなのか、単なるアホなのか?
 大黒天

20090108_133

20090108_153

20090108_159


 大黒天画像の出典は、天空仙人の神社仏閣めぐりより、天空仙人さま、ごめんなさい。
 
 一枚目、上野護国院・楽堂。二枚目、上野・清水観音堂。三枚目、不忍池・弁天堂。
 三枚目の写真を写した後、デジカメの電池が切れた!weep


 番外編として、七福神巡りで出会った建物、動物編を用意しています。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷中七福神めぐり その六

 谷中・天王寺(毘沙門天) 毘沙門天・立像

20090108_077

20090108_078

20090108_072


 天王寺は近代的な感じのするお寺。露座の大仏様?も居られた。
 この界隈には大木も多く、カラスも多い。かなり近付いても逃げない。


20090108_088

20090108_086

20090108_105


 左の写真、何の木かわからないが、非常に大きな木だった。
 真ん中の写真の野鳥は、カワラヒワか?
 霊園の入口には、右の写真のような、墓参用の花や線香を扱う店も多い。


20090108_106

20090108_108


 たぬきさん、こんにちは。 通りに向かってポツンと立っていた。
 大振りな一輪のバラ。妖艶な感じの色だった。

 
 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/13

谷中七福神めぐり その五

 谷中七福神めぐり その五は、谷中・長安寺から谷中墓地まで。

20090108_052

20090108_054谷中・大道山長安寺、臨済宗の寺、創建・寛文九年(1669年)


 
20090108_059

20090108_065

20090108_066


 谷中の霊園には、もう何の花か咲いていた。
 ここには、かつて立派な五重塔があり、幸田露伴の小説のモデルにもなっているが、心中の巻き添えにより、焼失したまま再建されていない。
 誠に残念極まりない話である。

 この谷中の大規模な墓地には、著名な人士が数多く眠っている。
 昭和の名優、長谷川一夫の墓所もあった。

 又、木々が多く、不忍池と並んで、バードウォッチングにも最適な場所だ。
 双眼鏡を持って行かなかった事を後悔した。

 次回、谷中七福神めぐり・その6は、
 引き続き谷中霊園と、谷中・天王寺(毘沙門天)です。

 
 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/12

谷中七福神めぐり その四

 谷中七福神めぐり その四は、谷中の町並みと、朝倉彫塑館。

20090108_037_2

20090108_039_2

20090108_038

 七福神めぐりの女性が二人、錻力?に首をかしげていた。何と読むのかしら?
 あれはブリキと読むんです、と私が答えた。
 
 反対側から見た錻力店、懐かしい佇まい!
 谷中辺りには、まだこんな風景が残っている。残したい!残して欲しい!
 
 かわいい車があった。初めて見るタイプ、もっとよく見て来ればよかった。


20090108_041

20090108_043_2

20090108_042

 朝倉彫塑館。改修の為休館中だった。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/11

谷中七福神めぐり その三(谷中編)

 田端・東覚寺から巡っても、上野不忍池・弁財天から巡っても、
真ん中の谷中長安寺。
 長安寺へ行く途中には谷中銀座や、夕焼けだんだん、朝倉彫塑館等があり、
町並も味わい深い、住み良さそうな街でした。

谷中銀座
20090108_024_2

20090108_023_2

江戸っ子の心、後藤の飴
20090108_025


ゆうやけ段々
20090108_026

ゆうやけ段々上にあるカラフルなお店
20090108_029

20090108_036
ちいさなアーケード、奥に手焼き煎餅屋さんあり。
煎餅大好き人間のおっちゃん、2袋買う。旨かった!


 訂正 今回と次回は谷中の紹介です。長安寺は次々回です。(すんません;)

 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/10

谷中七福神めぐり その二

 谷中七福神めぐり その二は、日暮里・青雲寺から程近い、修性院。

日暮里・修性院(布袋尊)
20090108_010

布袋様
何だか、他人の様な氣がしない!?
20090108_011


修性院の塀には、タイル画の布袋様が描かれている。
20090108_014

おっちゃん、修性院にて。
20090108_013_2


次の谷中・長安寺に向かう途中、塀の上のねこさん。
20090108_021


次回は、谷中銀座から長安寺です。

 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/09

谷中七福神めぐり その一

 谷中七福神めぐり その一、お楽しみ下さい。

JR山手線、田端駅北口から最初のお寺、田端・東覚寺(福禄寿)へ。
20090108_003
 反対側の歩道を歩いていた為、通り越してしまった。
 東覚寺は、国道458号線沿いの田端八幡の隣にあり、通りからも谷中七福神のノボリが立っていた。
東覚寺で台紙を買い、朱印を押してもらう。


二ヶ所目は、日暮里・青雲寺(恵比寿)
20090108_004_2


青雲寺の恵比寿さま
20090108_008_2
ここ、青雲寺には滝沢馬琴の筆塚がある。
20090108_005_2


 滝沢馬琴と云えば、南総里見八犬伝の著者として有名だが、南総里見八犬伝は96巻・100冊に及ぶ大作で、完成まで28年を費やした。

 私も、岩波文庫全10冊を中古で買い、長い日数を掛けて読んだが、とても面白かった。是非、ご一読をお勧めする。


 谷中七福神めぐりシリーズ、たっぷり続きますので、乞うご期待。

 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)