2009/02/25

スコティッシュ・タータンズ

 タータン=二色以上で幅も多様な、格子縞の毛織物 (新明解国語辞典より)

File0113
20年以上前に、神田・神保町の洋書店のワゴンセールで見付けた本です。


 画像上でクリックし、更にもう一回!
 大きな画像になります。お楽しみ下さい。
File0114

 

 聞いた事のある姓が沢山見受けられますね。
 たとえば、マッカーサーとかケネディーとか…。

 他にも、モリスン、リンゼイ、ゴードン、ダグラス、
 サザーランド、スチュアート、マケイン、ボイド等、
 耳にした事のある姓が有りました。

 
 マックィーン、マクドナルド、マッキントッシュ等の、特にマック○○と付く姓は、スコットランド出身だったのですね。


 一族一族にそれぞれ固有のタータン柄を持っていて、
 一族以外の人が、勝手に使う事は出来かったようです。
File0115


 
 右下がケネディー家のタータンです。


 現在は、アイルランドに興味を持っています。
 大きな書店で、アイルランドの地図を探そうと思っています。

 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/30

改めて、「海癒」をご紹介します。

四万十川と足摺岬の中間にある大岐の浜 海癒を、
おっちゃんのblogリストに加えさせて頂きました。
 
 私自身まだ行ったことのない「海癒」ですが、いわゆる温泉場などの、一般的な意味での有り触れた観光地ではなく、現在の日本の中で数少なくなってきた”自然に触れることの出来る”場所だろうと思います。
 
 皆様のリフレッシュのご参考になればと思いました。
 尚、詳細は上記の海癒トップページでご確認願います。

 今年は是非海癒に行きたいと、たからちゃんにも話をし、一緒に行こうと言ってもらいました。実現したら海癒体験記を書くことにします。

いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

練馬祭りを楽しみました!

2005
昨夜からの雨でぐちゃぐちゃになってしまった
メイン会場。午後から雨が上がって良かった。 

2005
練馬祭りのマスコット(名前は有るのかなー?)

2005
琉球えいさー。ここでも子供の活躍が!
左手前の木が…。

2005
阿波踊りの連も今年は数組出場した。
みんなとっても良かったよ。

2005
今年は子供達の出場が多かった。
中には3,4歳くらいの子も。
子供の持つエネルギーはすごい!

2005
サンバは午前中雨のため中止になり午後のみ、カメラマンには大人気だった

2005
みんなとっても楽しそうな笑顔をありがとう!

メイン会場のステージは今年も見られなかった。残念!
フォルクローレ、ハワイアン、琉球えいさー、阿波踊り、よさこい、
東京農大、サンバの沢山の人が出場してくれて、
今年の練馬祭りも無事終えた。今年も楽しく拝見しました。
運営スタッフ、ガードマンの裏方さんもお疲れ様でした!
多謝、多謝。

デジカメで撮った画像をチェックしていたら、いきなりグラグラっと強い揺れが…。一瞬固まってしまった。直ぐテレビを点けたら震源は茨城県南部で東京は震度3。でも最初のインパクトは4くらいの感じだった。やっぱり地震は怖いな。なんせ前触れも無く来るんだから用心のしようが無い。タンスの上の写真が落ちていた。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/10

練馬まつり開催のお知らせ

__2005
来る10月16日(日曜日)第28回練馬まつりが開催されます。10:30~15:30(小雨決行)
練馬駅北口の平成つつじ公園会場と中央会場(練馬総合運動場)を結ぶ道路はおまつり通り会場となり、音楽隊、佐渡おけさ、花笠踊り、サンバ、琉球エイサー、阿波踊り、舞祭ダンス、大根踊り、よさこい踊りが踊りながら行進し祭りを更に盛り上げます。平成つつじ公園会場では大河流誉太鼓、南米アンデス音楽、韓国舞踊、ハワイアンダンス、中国雑技、音楽ライブ、バリダンス、サルサが、中央会場では大津美子歌謡ショー、ジャズ&サンバなどがステージで演奏され、練馬まつりお約束の東京農大の応援部による大根おどりもトリを勤めます。又中央広場では111団体が出展、各地の物産品、生活用品の販売、模擬店、暮しに役立つ情報などの展示があります。お祭り広場会場に面した二つの学校、南町小では環境・リサイクルフェアと開進第二中では健康フェスティバルと題して練馬区民の健康を考える催しがそれぞれ行われます。とても楽しい練馬祭りです。ぜひ足を運んで見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/08

シンポジウムに行きました

2005
降ったり止んだりの天気の中、今日は練馬区、江古田の武蔵大学で「地域の活力を作るメディアと市民」と題したシンポジウムが開催され、当BLOGの人間交流サイトで交流させてもらっている高知の「たからちゃん」が高知からの事例報告として「因・縁・果 地球33番地の住民ネットワーク作り」を紹介してくれた。シンポジウムという言葉はよく聞く言葉だが、参加したのは初めてだ。熊本からは八代市情報推進課で地域密着型ソーシャルネットワーキング「ごろっとやっちろ」(丸ごと八代のお国言葉)を立ち上げ、地域活動を人と人との連携から活性化しようと考えている小林隆生氏の報告もあった。
たからちゃんの活動も小林氏の活動も原点は人と人との連携であり、地域を良くしたい、活性化したいという所からの出発であったと報告しておられた。たからちゃん(川窪財さん)はとても温かい、情熱の伝わる話ぶりの活動報告だった。 

小林氏(左)とたからちゃん(右)
2005
今日このシンポジウムを聞きに行き、私にも出来る何かが有るのではないかと思った。友達を作るまでには至らなかったが、参加出来て良かったなと思っている。出掛ける事であり、人に会うことであり、人と話する事が今の私には一番大切な事ではないだろうか。
心の中で求職活動にも弾みが付いたようにも思えるのだ。
明日はたからちゃんと会って話をする事にしている。忙しく活動している中で時間を割いてくれた事に感謝です。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)