2013/01/20

大横綱・大鵬逝く

 昭和の大横綱、大鵬親方が亡くなられた。

 一度、秋田への出張の帰り、同じ飛行機に乗り合わせたことがあった。

 脳梗塞の後遺症は残っていたが、風格のある立派な方だった。
 

 その当時、私は相撲雑誌を毎月3種類購入していたほどの相撲好きだったのです。

 稽古の明け暮れで、大横綱まで上り詰めた物語は、涙なしでは読めませんでした。


 国技館へも足を運んだ事もあったし、両国や柳橋界隈も好きな町だった。


 一つの時代が終わり、一つの時代が始まる。

 親方、永い間お疲れ様でした。 今はゆっくりお休み下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/04

この時期に台風? それも最大級の!

台風、フィリピンに上陸

今年最大の台風「パブロ」(国際的な分類では「ボファ」)が火曜日朝、フィリピン最大の島ミンダナオに到達した事から、同国南部では少なくとも4万人もの人々が、特別に準備された施設への避難を余儀なくされた。GMA Newsのインターネット版が伝えた。
フィリピン気象当局、PAGASAの発表では、今年通算16番目で、今月12月としては初めての台風「パブロ」は、この一年間で最大規模の勢力を持っており、各地に大雨をもたらし、風速は毎時175キロ、最大瞬間風速は210キロにも達している。またPAGASAの最新データによると、現在台風の中心は、ブキノドン州マライバライの南東80キロの場所にあり、毎時26キロの速度で北西に移動している。
  人的物的被害の情報は、今のところ届いていない。ミンダナオ島には1千万以上の人々が住んでいるが、台風に対し最高度の警戒をするよう注意が喚起され、数十以上の空の便が欠航となり、空港では何千人もの乗客が運航の再開を待っている。

リア・ノーヴォスチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/02

有吉弘行、フォロワー数日本一「小さな幸せです。皆様ありがとう」

 有吉弘行、フォロワー数日本一

 どうでもよい事なんですが、有吉弘行と誕生日が同じなんです!?

 5月31日生まれの有名人 には、こんな人達がいました。

 やっぱり、僕は暇人だなー。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/14

岩手・宮城内陸地震

地震の関連記事
地震被害続報 23:38’
 今朝9時01分に岩手県内陸南部、深度8.0kmを震源とする、震度6強、M7.2の大きな地震があったと、昼食から帰って来た同僚が話していた。

 地震発生時は揺れに全く氣が付かず、仕事をしていた。ちなみに東京でも震度3だったそうだが・・・。

 遅番で出勤して来た所長も、大きな地震で、死者が出ていると言っていたので、心配になり、帰宅後すぐにパソコンで、地震情報を確認した。

 私のブログ・リンクの「まいにち・ちゃらんぽ」のぶぅみぃさん、
「おべんとう日記Vol.2」のDANさんは地震発生後に記事を書いて居られて、無事なご様子、安心しました。

 「ちいさな手紙」のkeikono2さんは、ご無事だろうか?

 また岩手県の九戸にも友人が居るが、震源地からは離れているので、恐らく被害は無いだろうと思われる。
 
 震源が浅かったので、被害も大きいと思われるし、まだ余震も続いているとの事なので、とても氣になっている。

 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/16

3/16に初雪観測?

初雪のたより
NHKのニュースによると、最も遅い初雪が都心で観測された記事が出ていたので、紹介します。
暑さ寒さも彼岸迄とか言いますが、こんなに遅い初雪は観測史上初めての事だそうです。今年の天候は一年を通して不順なのかなと心配になります。

梅雨時の雨による災害、そして夏の渇水も心配です。
そして季節のビジネス、例えばスキー場や氷上ワカサギ釣り、防寒グッズの販売では、暖冬の影響で甚大な打撃を蒙りました。
冷夏になれば海の家やプール、水着や夏物衣料、アイスクリーム、ビール、清涼飲料など天候と密接な関係にあるビジネスは大きな損失を受けますよね。

また農業も天候が頼りです。季節の作物は天候に左右されますし、旬の食べ物を美味しく頂けるかどうかも天候次第ですから、 食いしん坊のおっちゃんは天候が持ち直すように、神様にお願いする事にします。

2007.03.16  9:40’
今日も読んでくれてありがとう 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/17

信じられなーい!

ヤフーのトップページを開いたら、こんな見出しが出ていた。
22階から作業員2人転落1人死亡、命綱付けず

何故こんな痛ましくも馬鹿馬鹿しい事故が減らないのだろうか?
亡くなられた方や大怪我を負った方にはお気の毒だが・・・。
作業者の慢心?監督者の怠慢?両者の安全意識の欠如?

私は23年間小さな化学プラントで働き、その後ビルの設備管理で3年ほど働いたが、死亡事故など身近で起こった事は皆無だった。脚立作業では天板には乗らない、補助者を必ず付ける。高所作業では安全ベルトを必ず使用する事など、繰り返し教え込まれ、それらの安全規則を守ってきた。人の背丈ほどの高さからの落下でも、打ち所が悪ければ死に至る事があるのだと、事故事例が教えていた。

作業効率よりも安全優先!命より重いものは無い!
落下事故、酸欠事故、転倒事故、毎日どこかで起こっているこれらの事故も、事前確認や安全装備の着用、安全意識の再確認などで防げる事故だったと思う。家族や同僚がどれだけ悲しむだろうと思うと胸が痛む。

このような事故が再び起こらない事を切に願う。

2007.02.17 16:24’
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)