« 今日は啓蟄(けいちつ)でした | トップページ | 目が痒い »

2013/03/05

歌詞の意味も分からずに

 小中学校の音楽の時間に歌を歌いましたが、意味の分からない歌詞を歌っていました。

 たとえば、「埴生の宿は……」や「春高楼の……」、音楽の先生は歌詞の意味を教えては
くれず、生徒の私たちは歌っていたのです。

 難しい言葉でも意味が分かれば、歌っていても、もっと楽しかったと思うのです。
 
 でも、それは音楽の先生が悪いのではなく、当時の文部省の責任でしょうね。

 音楽と歴史と自然科学も一緒に学べるのは、子どもの興味を掻き立てる一助になるの
ではないだろうか?などと考えるのは、たぶん私が年をとった所為でしょう。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 今日は啓蟄(けいちつ)でした | トップページ | 目が痒い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/56914796

この記事へのトラックバック一覧です: 歌詞の意味も分からずに:

« 今日は啓蟄(けいちつ)でした | トップページ | 目が痒い »