« 偶然 | トップページ | 高知のたからちゃんと »

2012/03/08

ニシンが豊漁だとか?

 今年は例年になく、ニシンが豊漁だとか。

 かつて、ニシン漁の網元はニシン御殿と呼ばれるような豪邸を建てた。

 その後、乱獲が祟ったのか?ニシンは北海道沿岸に来なくなり、すっかり捕れなくなって、
漁村も往時の賑わいを消した。
 

 今年の豊漁は、海水の温度、海流の変化など影響しているのかなぁ?

 すると、北原ミレイさんは、また「夜通し飯を炊く」と歌うことになるのかな?

 ニシンに関して、ある記事より。
 「スコットランドを訪れたとき、よく食べたのがニシンを塩漬けにして燻製にした「キッパードヘリング」である。あちらの伝統的な朝食メニューでパンと一緒に食べるのだが、温燻で燻されているので身がやわらかく美味しかった。ひょっとしたら「キッパードヘリング」もウイスキーに合うのではないだろうか。」

 ちなみに、おっちゃんは「キッパードヘリング」を、故伊丹十三さんの著書で知った。
 新宿・高野の地下の食料品売り場で、缶詰を買って来て、トーストの上に乗せて食べた。
 もう、30年くらい昔の話です。
 
 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 偶然 | トップページ | 高知のたからちゃんと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/54172726

この記事へのトラックバック一覧です: ニシンが豊漁だとか?:

« 偶然 | トップページ | 高知のたからちゃんと »