« 膝だけではなかった | トップページ | 案ずるより生むが易し »

2012/02/09

ヒアルロン酸

 月曜日午後の整形外科を受診出来ずに帰宅した、教訓で、今日は午前中に病院へ行った。

 先日の受診時に、話し忘れていた事を医師に伝える為、昨夜メモを作り、持って行った。

 膝をあれこれ動かしたりして診察してくれたが、「ヒアルロン酸」の注射を打ってくれた。

 しかし、あまり効いていないようだなぁ・・・・・・。

 そして、今度は「冷やすな!」と言われた。

 傷めた当初は熱を持っているので、「冷やせ」と言ったのかな。


 処方箋を出してくれたが、明日隣人が自分の薬を取りに行くとき、一緒に受け取って来て
くれる事になった。

 昼ごはんは、よその家でご馳走になり、ビターチョコレートのスポンジケーキも食べた。

 久しぶりの甘い物! ビターチョコレートは大好物なのだ。やったぜ!


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 膝だけではなかった | トップページ | 案ずるより生むが易し »

コメント

こんばんは
まあ、ヒアルロン酸の注射を打ったのですか・・・
テレビで頻りにサプリメントの通販やってますが
アレッて飲んでもおしっこになって流れてしまうので
何も意味がないんですってね!!
注射が一番よく効くのだそうですよ。
もう、杖無くても大丈夫ですか?
ゆっくりぼつぼつ治して下さい。
佐藤勝・・鈴木宗男との関係で取り上げられ時の人に・・・
よく、週刊誌などでは見かけますが、難しくって読まないのです 
と言うか読めないというか よく分からないのです(恥)
私が、読むのは頭を使わなくていいもの・・・
そして
何かから逃れる為と言った方がいいかもです

投稿: エリザベス | 2012/02/09 20:31

エリザベスさん こんばんは。

ヒアルロン酸の注射は、隣人が言うことには、
効く人には即効的かつ劇的に効くとの事。

しかし、私には即効的では無かったようです。
階段の昇降には未だ杖が必要ですが、段々と楽になってきて、
家に中では杖が要らなくなりました。(嬉しいですねー)

読書の件ですが、
宇江佐真理さんの「深川にゃんにゃん横丁」は楽しい本ですよ。
また、山本一力さんの時代小説もお薦めです。

投稿: 高木のおっちゃん | 2012/02/09 22:52

こんにちは!

ヒアルロンサンですか。ということは膝関節内の軟骨クッションがすり減ってきて動かす時に骨同士がぶつかったりこすれたりして痛みが出る、ということでしょうか。動きをスムーズにするための潤滑油のようなものがヒアルロンサン。

わたしは学生時代に半月板を壊して除去手術をしました。内側の蝶番がないようなもの。物理的には完治していたはずなのですが、長年使っていれば・・・クッションになる隙間がほとんどなくなっていました。で、一昨年ヒアルロンサンを注射。効き目は人それぞれ。わたしの場合、週に一度を3回、隔週2回くらいでかなり痛みがとれてラクになりました。はじめの2,3回は効果はあまり感じられませんでしたね。でも、歩くのもひどかったのが治りました。あれからもう1年半になりますが、たまに?ってこともありますがなんとかもっています。

結局は加齢によるもの、がっかりですがね。ひどくなれば「膝関節変形症」。そうはなりたくないものね。

腫れや熱がひいたら冷やさない方がいいでしょう。とにかく冷えは禁物です。この寒い時期は辛いです。

痛みが引いたら少しずつ筋力をつけるリハビリというか体操もいいかもしれません。

いまのところは冷やさず無理せずに。お大事になさってください。

投稿: ぶぅみぃ | 2012/02/10 16:30

ぶぅみぃさん こんばんは。 ありがとうございます!

痛みが出た時に、すぐ手当てをして置けばと後悔しましたが、
「後の後悔先に立たず」の格言通りでした(泣;)。

様子を見ながら、週に一回は通院します。
(ヒアルロン酸のサプリメントが高価なので、驚きました)

パソコンデスクの下に電気ストーブを置いて、膝を冷やさないように
気を付けることにしました。

医師の許可が出たら、リハビリも開始したいと思っています。

投稿: 高木のおっちゃん | 2012/02/10 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/53941760

この記事へのトラックバック一覧です: ヒアルロン酸:

« 膝だけではなかった | トップページ | 案ずるより生むが易し »