« 幕末の三舟より | トップページ | 目からウロコ »

2011/12/30

群れるのは苦手なんだよ

 組織とか、○×会とか、群れるのは苦手。

 寄り掛かったり、寄り掛かられたりは、したくない。

 俺は、独立不羈の存在で居続けたいんだ。


 一人で出来る事には、限界がある・・・と、人は言う。

 一人でも、他の人を共に働けば、成果は倍になり得る。

 人を動かし得れば、効果も大きくなる。

 その時々に、志を共にする人達と、連携し連帯し合えば良いのだから。

 
 信義ある人は信じるが、真心の感じられない人とは、共に計るべきではない。

 そして、自らに問いかける事は、これで最善か?他にも道は有るのでは?等々。

 こうして、毎日毎日、自問自答が繰り返されるのだが、答えは出ないままだ。

 独り禅問答みたいだなぁ。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝
 

|

« 幕末の三舟より | トップページ | 目からウロコ »

コメント

答えになっていないかもしれませんが私が思ったのはこんな感じ。

普段身近で親しくしている人が困ったときに助けてくれるとも限らない。かと思えば、全く疎遠だと思っていた人が助けてくれることもある。

群れているという実感もなく、うまく支えて支えられて生きていくのがちょうどいいと思っている。
おもしろい記事がありました。
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/a2605eea6805e4742f8444a212e65cf0

絆より呆れ……
行政がやるべきことを放棄したところで人々の絆という言葉が連呼されてきた。何か一時期流行した「自己責任」みたいな気がしなくもない。
行政がいくら金かかっても支援するという方針を打ち出せばこんな滑稽な話もなかっただろうに。国が被災者を見捨てた結果だろう。

ピント外れかもしれず済みません。

12日か14日で了解しました。
おっちゃんのメールアドレスを失念しましてコメントからしか連絡送れないものでして申し訳ないです。
それでは、再見!

投稿: 秋山  | 2011/12/31 22:18

秋山さん まいどおおきに!

メルアドは、年賀ハガキに印刷してありますので、ご参照下さい。


いつの時代にも、政は権力闘争の結果で、民草には寄与しない様相。

小さな種を蒔き続けよう! 

いつの日にか花を咲かせ、実の成ることを信じて。

投稿: 高木のおっちゃん | 2012/01/01 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/53594102

この記事へのトラックバック一覧です: 群れるのは苦手なんだよ:

« 幕末の三舟より | トップページ | 目からウロコ »