« 事実は小説より奇なり | トップページ | 12時間の勘違い »

2011/10/07

父の状況の説明会

 3ヶ月に一度行われる、老健での状況説明に、初めて参加した。

 看護士さん、トレーナーさん、スタッフさん、プランナーさんと私とで、医師は手が離せず参
加出来なかったが、足の浮腫みは多少あるものの、概ね良好な状態との事だった。

 洗濯物の交換に行く度に、状態を見ているので、予想通りだったが、この人達がしっかりと
見守ってくれていると思ったら、とても心強く感じられた。

 他の施設では、定期的に今日のような説明会は行われていなかった。

 
 状況説明は15分ほどで終了し、その後ホールで新聞を読んでいた父と話をしていた時に、
ストレッチャーで救急車に運ばれて行く人をみた。

 母の入院の時を思い出した。

 
 前回行った時に、自治会から敬老祝いを貰った事を伝えたので、上履きを買って欲しいと
リクエストがあった。

 次回、新しい上履きを届け、今履いている上履きを洗っておこう。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 事実は小説より奇なり | トップページ | 12時間の勘違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/52933210

この記事へのトラックバック一覧です: 父の状況の説明会:

« 事実は小説より奇なり | トップページ | 12時間の勘違い »