« チリ落盤事故、救出始まる! | トップページ | 10月16日の雲 »

2010/10/15

ギンナン騒動記

 たかがギンナン、されどギンナン・・・なのである。

 この時期になると、団地の隅や隣の公園、運動場のいちょうの木からギンナンが落ちる。

 朝も早くから夕暮れまで、ギンナンを拾いに来る人が後を絶たない。

 酷い奴は、持参した脚立を金網柵に立て掛け、集会所の敷地内に浸入する泥棒まがい
まで現れる始末・・・。

 私は年に数回、茶碗蒸しや酒のつまみに4,5粒有ればよし、ギンナンを拾ってまで
食べたいとは思わないので、拾い回る人を不可思議に思っていた。

 私の偏見だと思うが・・・。

 続く。

 

 昨日、道路と集会所の間の狭い草地に入って来た女性に、立ち入らないように言った。 

 私の言葉に腹を立てた女性が、今日再び現れて、区役所にクレームを言い、練馬区の
土地なので、入って良いとの了解を得たと、凄い剣幕で文句を言いに来た。

 まるで般若のような形相で・・・。(食い物の恨みは、恐ろしいね!)

 
 私論であるが、どんなに低くても柵のある場所には、立ち入るべきでは無いと思っている。

 「欲」は柵を軽々と越えて、無限に膨張するのだと、改めて思い知らされた。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝
 

 

|

« チリ落盤事故、救出始まる! | トップページ | 10月16日の雲 »

コメント

さいきん行政も変に弱くなったように思います。直訴まかりとおる時代やし、義理人情とモラル、常識ない人が目につきます。ぎんなん騒動、こちらでもありました。公園内横切り犬の散歩騒動ゆうのもありましたわ(苦笑

投稿: くろ | 2010/10/19 11:55

くろさん こんばんは。
コメントありがとうございます!

行政側は追及や責任を逃れるばかりで、
クレーマーに対して断固たる姿勢がありません。

常識も消え果ててしまいそうですし、
ましてや義理人情は死語に等しいですね。

最近読んだ本に、「奪い合えば足りず、分かち合えば足りる」
という文章がありました。
少なくとも、僕達は「分かち合う気持ち」を伝えてゆきましょう!

投稿: 高木のおっちゃん | 2010/10/19 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/49751560

この記事へのトラックバック一覧です: ギンナン騒動記:

« チリ落盤事故、救出始まる! | トップページ | 10月16日の雲 »