« 保冷剤の活用 | トップページ | 横隔膜と背筋と »

2010/07/22

クラッシュ&アレンジ

 グランドは照り返しが酷く、立っているだけで汗がポタポタ流れてくる暑さに、
先輩方は木陰のベンチで休んでいた。

 保冷剤を首の後ろに巻きつけて、飛行機を飛ばしてみた。

 柔らかいバルサ材で胴体を作った機体は上手く飛んでくれず・・・墜落!
胴体が3つに折れてしまう大クラッシュ。

 やはり胴体はヒノキが適しているようだ。

 

 クラッシュした機を持ち帰り、折れた箇所を接着し、胴体に紙を貼り付け、
もう一度飛ばしてみようと修理したが、次回は上手く飛んでくれるかな?

 
 また、双胴タイプも全くものにならず、主翼の幅をかなり細くして、室内で
テストしたら、なんとか飛びそうな感じになってきた。

 たぶん主翼の面積が大きすぎたのだろう。

 設計の理論も計算も分からずに、手探りで作っているので、うまく飛ばな
くても、当然なのだが・・・。

 このアレンジで飛ぶようになったら、一回り大きい機体を作ってみよう。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 保冷剤の活用 | トップページ | 横隔膜と背筋と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/48948245

この記事へのトラックバック一覧です: クラッシュ&アレンジ:

« 保冷剤の活用 | トップページ | 横隔膜と背筋と »