« トイレ掃除 | トップページ | 団地の花 #1 »

2010/05/06

砂嵐

 ゴールデンウイークが終わり、サッカークラブの少年達に占領されていたグランドが、
ようやく使えるようになった。

 窓から見たら、グランドの真ん中に先輩方の小集団が陣取っているのが見えた。

 試したい飛行機があったのでグランドに行くと、先輩方は持参の小さな腰掛に座り、
話をしていて、飛行機を飛ばしているのは2人だけ・・・。

 
 風が強く、飛行機を飛ばせる状態ではなかったのだ。

 試しに飛ばしてみると、風に煽られてまっ逆さまに墜落した。

 突如、砂嵐が吹き荒れ、飛行機を持ち運ぶ箱が倒れるほどで、諦めて撤収にかかった。


 

 明日の天気予報は雨から曇りに変わった! 風が収まれば飛行機を飛ばす事が出来る。

 家に帰り、ハガキと割り箸で作った飛行機の尾翼と垂直尾翼を付け替えた。

 この飛行機は見よう見まねで作ったもので、バランスが悪く、まともに飛ばない機体だった。
・・・が、捨てるに忍びず、改造を試みた。

Photo


 先月、グランドの南隣の家に不時着した機体も、翼を新しく付け直した。

 今日はボンドをしっかり乾燥させて、明日飛ばしてみよう。 


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« トイレ掃除 | トップページ | 団地の花 #1 »

コメント

先日散歩に行った公園で、飛行機を飛ばしている人たちを見て
高木のおっちゃんを想像しました。
お昼どきになって、自転車に飛行機の箱を乗せて帰る姿は少年の様でした。(^^)

投稿: ふにゅ | 2010/05/06 17:14

ふにゅさん こんばんは。
いつも読んで頂き、ありがとうございます!

>お昼どきになって、自転車に飛行機の箱を乗せて帰る姿は少年の様でした。(^^)

私の飛行機仲間も、まったく同じです。(笑)
グランドの大時計の針が正午に近くなると、帰り支度を始めます。

飛行機を飛ばして一喜一憂している姿は、幾つになっても少年のままですね。

私の場合はグランドの隣ですから、飛行機の入った箱を下げて
坂道の下を通る小さなトンネルを抜けて帰ります。

投稿: 高木のおっちゃん | 2010/05/06 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/48286278

この記事へのトラックバック一覧です: 砂嵐:

« トイレ掃除 | トップページ | 団地の花 #1 »