« 桜の木の下は、ピンク色 | トップページ | 今日という日は・・・ »

2010/04/12

「絵図にみる練馬」より

 雨の中、心療内科へ行き、区役所内の保健所に出向いた序に、
区民情報ひろばで、「絵図にみる練馬」(1)(2)を購入。

 明治時代からの練馬の地図をコピーさせて貰おうと尋ねてみたが、
コピーは不可とのこと。(残念!)

 古書店⇒スーパーマーケットと歩き回り、スニーカーから染み込んだ
雨が靴下を濡らし、甚だ気色悪く、疲れてトボトボと帰宅した。

 「絵図にみる練馬」にある、北豊島郡下練馬村が、現在私が住んで
いる地域に当るが、昔の地名と合致する地名は殆ど残っていない。
 

 団地の近くの橋が、麹屋橋と呼ばれていた記憶があるので、その名から
類推するしかなさそうだ。

 石神井川を基準にして、地図を見ると石神井川は現在より遥かに、右に左に
屈曲しながら流れていたことが分かる。

 屈曲部は何度も川を溢れさせたと思われるし、石神井川は上野の不忍の池に
注いでいたのを、氾濫を避ける為、飛鳥山の北の大地を削り、隅田川に合流させ
るようにした経緯がある。

 「御茶ノ水」の神田川も同じように、徳川家康が江戸に入府後、掘らせた川で、
その掘り出した土を埋め立てに使ったとある。

  
 地域の歴史などを知りたがるのは、年を取った証みたいなものだろうが、練馬の
歴史を子供達に伝えて置きたいのが、私の希望なのだ。


 いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 桜の木の下は、ピンク色 | トップページ | 今日という日は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/48070842

この記事へのトラックバック一覧です: 「絵図にみる練馬」より:

« 桜の木の下は、ピンク色 | トップページ | 今日という日は・・・ »