« 雲一つ無く晴れて | トップページ | シルバー人材センター#2 »

2008/05/28

一回で二度美味しい、餃子の食べ方

 私が昼食でよく利用する安い中華屋チェーンでは、週に一度餃子5ヶが100円の日がある。職場近くの店は火曜日がその日で、私は公休日だから、100円餃子に縁が無かったが、地元の練馬店では月曜日に餃子が100円になる日。昨日はやっと100円の餃子を食べた。
 
 小さな餃子が5ヶのサービスメニューだし、堪能するまでは行かないが、少し得をした気分になれる。一日当たりの平均食費を設定していて、その中での食生活だから、段々セコクなってゆく自分に、今は辛抱の時だと言い聞かせている。

 20代、30代の頃は湯麺と餃子をよく食べていた。餃子が来ると半分は湯麺の中に入れてしまう。こうすると半分は水餃子のように食べられるし、後の半分は焼き餃子として食べる。グリコのアーモンドキャラメルではないが、一回で二度美味しいという訳だ。

 湯麺の代わりにチャーハンの時には、餃子に付ける調味料が小皿に余っていたら、チャーハンに掛けて食べると、また一味違って来るのだ。

 貧しい男のヤリクリ所帯、いかに安く美味しく食べるか?
 無い知恵を絞って、今日も悪戦苦闘を続けている。

 いつも読んでくれてありがとう! 感謝をこめて おっちゃん拝

|

« 雲一つ無く晴れて | トップページ | シルバー人材センター#2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/41348636

この記事へのトラックバック一覧です: 一回で二度美味しい、餃子の食べ方:

« 雲一つ無く晴れて | トップページ | シルバー人材センター#2 »