« あい | トップページ | 頑張れQちゃん!そして頑張れおっちゃん! »

2008/03/08

止せばいいのに、又も古書店で

 休日の食事は殆んど弁当を買って来て食べているのだが、昨日は外食した。練馬にも探せばあるのだろうが、安くて旨い定食屋を未だに知らないでいる。その為、昼勤の時に職場近くで利用している中華屋チェーンの練馬店で、いつも食べている物を食べた。曲の無い話ではある。
 
 昼食をした店の真向かいが古本屋、止せばいいのに、文庫本の棚を端から見ていった。古びた文庫本を2冊買った。そして店内へ入ってみて、さらに1冊単行本を買ってしまった。図書館で借りれば良いのに、読みたいとなったら、ついつい買ってしまう。
 所有欲とかでは無く、読みたい時に何時でも取り出して読みたいだけなのだ。とは言え、あの本は何処に置いたかなと探してみると、容易には見付からない事も多い。まぁ大体はベッドに下の段ボール箱の何処かに納まっていたりするのだが。

 File0081
以前読んだ五木寛之さんの本に出て来た、「仏教が好き」河合隼雄・中沢新一共著、朝日新聞社刊が古書店の宗教関係の棚に並んでいたので、手にとってパージをパラパラとページを捲ってみたら、とても面白そうだったから買ってしまった。
 人類にとって宗教とは何か?そして仏教とは何か?なぜこの二人の学者は「仏教が好き」と言っているのか?

きっとこの先々何度も読み返す事になるだろうと思う一冊である。

 7年前から死はいつも身近にあり、いつも死を考えている。死にたいと云うのではなく、自分の人生に対して、どんな幕引きが出来るだろうか、とか・・・。
 逆に云えば、どう生きるか?何を目標に持ち、どうやって達成して行けば良いのかを考えていると言えば適切なのか?。生きることと死ぬことは連続しているのだから、生きることを考えるのは死ぬことを考えるのと、連続しているのだ。・・・と思う。

 まぁ私のことはさて置き、この「仏教が好き」河合隼雄・中沢新一共著、朝日新聞社刊は面白い!でも難しい!しかしやっぱり面白い。興味があったら是非ご一読をお勧めします。

いつも読んでくれてありがとう! 感謝をこめて おっちゃん拝

|

« あい | トップページ | 頑張れQちゃん!そして頑張れおっちゃん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/40425426

この記事へのトラックバック一覧です: 止せばいいのに、又も古書店で:

« あい | トップページ | 頑張れQちゃん!そして頑張れおっちゃん! »