« 出来上がりました! | トップページ | 凄い天気図の日は »

2008/02/12

久し振りの狂言鑑賞

 先日、練馬・杉並周辺のローカルテレビを観ていたら、大蔵流狂言の山本家の稽古の模様や、若手へのインタビュー、また山本東次郎師の狂言に対する考え方などが、放送されていて、興味深く観た。
 その後、インターネットで検索したら、今日2月11日に杉並能楽堂で公演があるとのこと。狂言は初めてと言う友人を誘い、青青会第41回公演を観に行った。

パンフレットの印刷の文字が藍色の為、見え難いのが残念!
なお画像上でクリックすると、大きく見えるようになります。
File0080_8


 今回の杉並能楽堂は初めてで、杉並に能楽堂が有る事も、全く知らずに居たのだった。ここの能舞台は元々、本郷の弓町にあったものを杉並に移設し、現在に至っているもので、築100年近い舞台だとの説明があった。窓から差し込む自然光の中での鑑賞も初めて経験したが、昔は皆このように鑑賞していたのだろうかと思われ、貴重な経験になった。


File0079_7


 都内各所の他の能楽堂は大抵がビルの中に能舞台があり、見所は椅子席だが、この能楽堂は椅子席ではなく、板張りの上に座布団を敷いて鑑賞する。開演時間を電話で問い合わせた時に、「暖かくしてお出で下さい」と言われたが、当日は冷え込まず、見所は寒くはなかった。能楽堂のある町内の人達も鑑賞に来ていて、立錐の余地のないほどの満席となった。また杉並能楽堂と門に書かれていなければ、ここに能楽堂が在るとは思えない佇まいも良い。

 番組が全て終わった後、山本東次郎師が舞台に出て来られ、扇が曲の季節や、使う役柄毎に分かれている事などの懇切な解説もあり、つくづく来て良かったとの思いに満たされた一日だった。

 昔はNHK教育テレビで毎日曜日に、能・狂言の放送があり、テレビでの鑑賞だったが、20代半ばの頃から能楽堂に足を運んぶようになった。しかし6年前に練馬に帰って来てからは、家の事や雑事に追われ、また病を得てからは、外に出る事も少なくなり、能・狂言の世界とも疎遠になっていたが、今回JR中央線中野駅から、さして遠くない所で、狂言を観ることが出来、また一緒に行った友人も狂言との出会いを喜んでくれ、有り難い仕合せをした。
 
 山本東次郎師は30年ほど前に、水道橋の宝生能楽堂で舞台を拝見してからの、ずっとファンだったので、今回は格別な嬉しさがあった。
 
 これからは又、財布の許す限り、能楽堂に行きたいと思っている。

いつも読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝
 

|

« 出来上がりました! | トップページ | 凄い天気図の日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/40091690

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの狂言鑑賞:

« 出来上がりました! | トップページ | 凄い天気図の日は »