« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/27

名月は・・・

昨日は会社に置いたままだった三脚を持ち帰った。中秋の名月をデジカメで撮ろうとしたのである。夕食後、空を見上げたら、まあるい大きな月が出ていた。
食器を洗ったり、なんやかんやしている内に、月を撮るのを忘れていた。ふと思い出してベランダに出たら、月は雲間を出たり入ったりしていた。

三脚を立ててデジカメをセットし、ズームを望遠側にしたところで、なな何と!バッテリーが切れた!
充電式の乾電池を使用しているため、予備の乾電池も無し!
今年も名月は撮れなかった。(心掛けが悪いなぁ・・・)

だから、ふにゅさんの「隠れ家」で月見をさせて頂いた。
きれいな真ん丸のお月様でした。ふにゅさん、お邪魔しました。

来年こそ必ずリベンジするぞ!
もう来年の月見の話をしている、何とも氣の早い奴め!と、
鬼が笑っていますかね?


今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/24

有難うの連鎖

今日が秋分の日の振り替え休日だと忘れていた。普通の月曜日(公休日)だと思っていたので、循環器の医院に行く積もりでいたが、パソコンデスクのカレンダーを見て氣がついた。間の抜けた話です。

すっかり氣が抜けてしまって、また眠ってしまった。眠れるようになっては来たが、寝起きが悪く、起床するまで時間が掛かる。起床してもエンジンが掛からない状態が続く。顔を洗って歯を磨いて・・・、どうやら少し人心地が付いてくる・・・。

スーパーマーケットに弁当や惣菜、日用品などを買いに行き、スクーターのガソリンが少なくなっていたので、いつも給油しているガソリンスタンドへ。2.87L給油401円なり。
410円出したら「1円はサービスしときます」と言われた。最近買物はスーパーマーケットや99ショップなどが多いので、1円だってサービスするなんて有り得ない。(店員さんには、オマケする裁量権は無いのが当たり前だものね)

この1円のサービス、妙に嬉しくなって「ありがとね!」
家に帰る途中、橋のたもとで左右を見ている野球少年がいた。こちらが停車して少年を先に通したら、ぺこりとお辞儀して通り過ぎた。これも有難うの連鎖かな?明日も誰かに「有難うの連鎖」が拡がればいいね。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/17

もうギンナンが

車に轢かれて潰れたギンナンが点々と。
20070917_002
昼食を買いに出たら、ギンナンを拾っている人を見かけた。スーパーなどでくれるポリ袋に半分ほどギンナンが入っていた。練馬区総合運動場も周囲の銀杏の葉は緑だが、もう実を付けていたのだ。

今日も陽射しは強く、気温は32~33℃まで上昇し、夏に戻ったような天気だけど、ギンナンの実を落とす程の風には秋の気配が含まれていた。

今日も読んでくれてありがとう!感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

さんま塩焼き定食

午前中、秋刀魚の話が出た。今日は昼食を何にするか考えたが、最近中華系が多かったので、秋刀魚に決めた。
「一夜干し料理ひもの屋」という店に入った。さすが今が旬の秋刀魚、身もしっかり肥え、脂が乗っていて旨かった。

サラダバーとドリンクバーでお代りOK、ご飯のお代わりもOK!
しかしサラダバーもドリンクバーも人件費節約術なんですねー。
もうお代りはしなくなった、歳かなぁ。

テーブル席がすだれで仕切ってあり、店内装飾もちょっと異色の店だった。客の7割くらいは秋刀魚をオーダーしていたので、12時半頃には秋刀魚は売切れてしまった。秋刀魚の塩焼き定食850円なり。安くはない。

退社時間になると、とたんに土砂降り!大粒の雨が白い棒のように斜め突き刺さるように降っていたが、5分ほどで小雨になり、合羽を着て雨の合間を帰宅した。雨男返上ならず!


今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/08

台風一過、結構良い一日だった。

昨夜の漏水のお陰で朝方まで眠れなかったが、公休日の今日は遠慮なく朝寝をし、睡眠時間はしっかり取れました。
昨夜買って置いたカレーパンを齧りながら、台風のニュースを観た後、父に面会行った。昼食後で昼寝をしていた。珍しく4人部屋のベッドは全て使われていた。

川端からケーナの音が聞こえたので、友人に電話をしたが、出ない!ギターと譜面を持って川端に行くと、友人は居た。携帯の受信音の音量設定が下がっていたらしい。
彼のケーナ教室の先生が「コンドルは飛んで行く」のギター伴奏をしている音源が彼の新しい携帯電話に入っていて、それを聴かせて貰い、伴奏の方法が分って、何とか合うようになって来た。少し前進だ。


夜は家から5分と少しの所、練馬文化センター小ホールで落語の会、「市馬、喬太郎 ふたりのビックショー」ビッグではなく、ビックになっているのが可笑しい。

柳亭市朗    「子ほめ」
寒空はだか  真空ギター 
柳亭市馬    「お化け長屋」
---仲入り---
歌謡漫才   市馬・喬太郎
ぴーちとーく  昔々亭桃太郎(スペシャルゲスト)
         柳家喬太郎


1.柳亭市朗  「子ほめ」
間が早過ぎる。 まだ噺の間が掴めていない。
しかし、前座の内は明るく元気で・・・、それで充分だろう。

2.寒空はだか 歌謡漫談
私としては初めて見る芸人。市馬、喬太郎と同世代 だとか・・・。
これだという「決め技」を持っていない氣がした。

3.柳亭市馬 「お化け長屋」
歯切れのいい噺家である。声もすこぶる良い。噺の途中で言葉が引っ掛かる箇所が二つ三つ有った。空き家を借りに来た、威勢の良い「おあにいさん」が、ただの荒っぽいだけの「おあにいさん」で終わってしまっていて、私にはその点が、ほんの少し物足りない感じがした。しかし大いに期待の出来る噺家であることは確かだ。

---仲入り---

4.市馬・喬太郎 歌謡漫才 
市馬はタキシード、喬太郎はスーツで現れる!会場の練馬を通る西武池袋線をネタに盛り込んだ歌謡漫才を披露した。楽屋落ちとも思える話もあり、市馬の声(歌)と喬太郎のブラックユーモアが受けに受け、会場大いに喝采す。

5.昔々亭桃太郎  
この人の噺も面白い、落語と言うよりボヤキ漫談のようだ。
この人をスペシャルゲストに選んだ眼力に敬服!

6.柳家喬太郎  演題は?。
キャバクラに行った彫り師(体に彫り物を彫る人)師弟、そこでキャバクラ嬢に名刺を渡してしまった弟子。ちょっと足りない感じのキャバクラ嬢が弟子入り希望で訪ねて来る。このキャバクラ嬢に試験と称して、彫刻刀で消しゴムに彫らせ、ダメを出して、追い返そうとするのだが、・・・意外な事 に筋が良く、弟子入りを許したら、いつの間にか兄弟子を追い越してしまう・・・。
彫り物と入墨との違いの説明もきっちりあり(判っていない人が多い)、またキャバクラ嬢の描写に柳原可奈子の人物描写と共通するものを見た。 一昨年だったか立川談志の会で聴いた時よりも、「ふたりのビックショー」なので?、大胆奔放、緻密に演じ切って、快演であった!

偉そうな事、書いてますけど、これは飽くまで個人的な感想です。
しかし、久し振りに「生」で落語を聴く事が出来て大いに満足しました。大声で笑う事は、精神的にも凄く良いらしいので、是非また噺を聴きに行きたい!


今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/09/07

台風の置き土産

トイレ天井と壁の接合部から漏水
(画像上でクリックすると大きな画面になります)
20070907_005_2
昨夜の台風の置き土産である。夜中2時頃だったか、前々日から読んでいた本を読み終わり、トイレに行ったらポタポタと音が・・・。トイレの床にも水が溜まり始めていたので、雑巾でふき取り、ゴミ袋を使って漏水を水タンクに導くようにした。少しはトイレの節水に役立ったかな?
(写真左上には黒くカビが写っている)

以前にも妹から漏水箇所があり、住宅供給公社に報告し、補修してもらったとの事は聞いていたが、台風のように横から雨が吹き付ける場合は、何処からか雨水が滲み込んで来る。
ビル管理の仕事をしていた時には、大雨の度に漏水が起こっていたので、ある程度の年数を経たコンクリートで作った建物の宿命であると思っている。

このせいで眠気が飛んでしまい、寝たのは朝方になってしまった。今日は公休日だったから良かったものの、早番だったら、眠気と戦いながら仕事をする破目になっていただろう。この特製漏水トイは台風のシーズンが終わるまで取り付けたままで置く事にした。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/01

旬の女芸人二人

やぁ、酋長だよー。
またご無沙汰しちゃったな!
最近は出番がなかったもんだから、じりじりしてたのさ。

今が旬の女芸人柳原可奈子と、にしおかすみこ
この二人が凄く面白い!と思わんかい?

この二人で、どうやっても噛み合わないキャラ設定のコントをやったら、面白そうだぜ。そうは思わんかい?

二人のブログも面白いぜ!
(特に、にしおかすみこの文章がハオ(好)!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »