« サボテンの花 #2 | トップページ | サボテンの花 #2-2 »

2007/05/28

今月二度目の東京都庁

11日の東京都水道局インターネットモニター説明会に次いで、今月二度目の東京都庁行きだった。朝から通勤時間帯の地下鉄に乗って、原付免許の更新に東京都庁第二庁舎へ行った。

前回の更新では警察署に行ったのだが、今回は12月に違反を一度やってしまった為、最寄の警察ではなく、東京都庁第二庁舎の更新センター行きとなった。内容は係官による話とチェックシート式の自己性格認識&ビデオを見せられて、所要時間は一時間弱だった。更新が終了し、第二庁舎の2階の更新センターから地下鉄大江戸線に乗るために一旦外に出た。

東京都庁第一庁舎
20070528_023
西新宿に行く度に思う事は、何故、こんなに”でかい物”を、高いデザイン料と高い建設費を使って建てたのだろうと、不思議な感覚に囚われる事だ。そして都庁の周囲には、何だか良く分らない”モニュメント”と称する物が沢山有る。芸術的センスの無い私には「こんな物が、本当に必要かい?」等と、ひねくれた感慨を持つのだ。役人による役人の為の役人的な仕事のように思えてしまう。他の都市でも県庁、市庁などの建物には、「馬鹿馬鹿しい」ようなデザインの建物が幾つかあるようだ。「馬鹿馬鹿しい建物」コンテストなんてぇのも一興であろう。


東京都庁第二庁舎
20070528_021
確かに東京は日本の首都、日本の中枢である。私が独善的に「無用の長物」呼ばわりしている、此れ等”モニュメント”も日本の文化度を示したいのかも知れないが、何だかナー。
役人は金(公金)という物は「使ってしまうべき物」「使ってしまわなくてはならない物」だと云う観念が、どうも長い間にしっかりと植え付けられてしまっているように思える。

十人十色、千差万別。この東京都庁舎を誇りに思うか、馬鹿馬鹿しく思うか、人それぞれであろう。
あぁ!折角の800回目の記事なのに!又しても文句ばかり並べてしまった・・・。

ただ、救いは私が写真を撮っていたら、アジア系の若い女性に英語で写真を撮ってくれと頼まれ、デジカメのシャッターを押して上げて、どこから来たのか聞いてみたら、韓国だという、私が「良い一日を」と言うと「ありがとう」と笑顔で答えて爽やかに去って行った事だった。たった一つ知っている韓国語「アンニョン・ハセヨ」と言えば良かったのに、とっさに出なかったのはチョット残念だった。
まだ外国には一度も行った事が無い。パスポートの申請に、また東京都庁に行く事もあるだろう。

2007.05.28  13:15'
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« サボテンの花 #2 | トップページ | サボテンの花 #2-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/15230785

この記事へのトラックバック一覧です: 今月二度目の東京都庁:

« サボテンの花 #2 | トップページ | サボテンの花 #2-2 »