« 人が落語に求めるものは(加筆訂正あり) | トップページ | 再び父ちゃんのこと »

2007/02/15

介護保険課からの通知

2月9日に書いた記事「父ちゃんは今日も元気」で介護度の評価が下がり、再調査を請求していた件を書きましたが、区の福祉部介護保険課より通知が来て、前回の「要支援2」から再び「要介護1」の評価となり、新しい被保険者証が届きました。老健の相談員さんや区の介護度調査係りの方々に迷惑を掛けた末の事ですが、私としてはホッと一安心です。
これから「父ちゃんの老健移動」が始まる訳で、ここが終着点ではなく、出発点なのだと胆を据えて掛かる事にします。ご心配頂いたり、アドバイスを頂いたり、感謝しております。

私の職場の所長は、以前は区役所の職員で、介護認定などにも携わっていた事があったそうで、所長にもアドバイスを頂きました。

私はとても恵まれているのだと思います。こうした情報やアドバイスをどこに求めたら良いのか分らずに、苦労されている人もあるのだろうと思います。私はこれからも様々な経験をして行く事でしょう。その経験がどこかで何かの(誰かの)役に立てればと思っています。

2007/02/15  01:58’
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


|

« 人が落語に求めるものは(加筆訂正あり) | トップページ | 再び父ちゃんのこと »

コメント

高木のおっちゃん、こんばんは。めがねです。
この前は、長々とコメントしてしまいすみませんでした(読み返すと熱くカキコしてますし・・・恥ずかしいです)。

再審査の結果『要介護1』が出たんですね。良かったです。練馬区も人の心がまだ残っていたんですね。
その人によって抱えている事が違い、事情でどうしても施設での生活が必要となる人が出てくるのは当然だと思います。お互い(利用者・家族)にとって一番ではないかもしれませんが、施設中心の生活をする事で共倒れにならない、良い関係や状態を維持できていたケースを何件も見てきました。老健の本来あるべき姿ではないかもしれませんが、こういった状況を少しでもお手伝いできる近い位置にいるのも老健だと。

これからもいろいろ大変な事(施設探しなど)があるかと思いますが、無理をせずお過ごし下さい。

投稿: めがね | 2007/02/15 20:52

おっちゃん、よかったですね。介護度が上がって、というか、維持されて「よかった」というのはちょっと・・・なのですが、でもよかったですね。

介護認定の更新って、ほんとに気がもめます。なんといっても、人が人を評価するわけですから。毎年のことですし。

これで一歩、進むわけですね。うちのほうも、進まねばならないのですが、ただいま足踏み中。きょうは、一時吹雪くほどのお天気でした。

投稿: みぃ | 2007/02/15 20:52

めがねさん こんばんは。
いつも読んで頂き、有難う御座います。

とにかく今はホッと胸を撫で下ろしているところです。次に受け入れてくれる所もほぼ決まっている手応えなので、安心しています。父が移った後に、めがねさんに教えて頂いた練馬区に隣接した老健も含めて、入所願いを出して行こうと思っています。

今回は良い教訓を得ました。色々教えて頂き、有難う御座います。無理せずユルユル&ボチボチでやって行きますので、今後とも宜しくお願い致します。 高木保雄 拝

投稿: 高木のおっちゃん | 2007/02/15 22:33

みぃさん こんばんは。
北国では大荒れの天気だそうで、大変でしたね。東京でも昨日から今日にかけて春一番が吹きました。

介護度が上がって(元通りになり)喜んでいるのも変ですが、老健に入所していられるので、ホッとしています。次に行く所を探すのも、気骨の折れることですよね。

どこかキイチさんが安心して居られる(勿論ご家族も)施設が見付かれば良いですね。いつも温かく励まして頂き、有難う御座います。

ユルユル&ボチボチで行きましょう。高木保雄 拝

投稿: 高木のおっちゃん | 2007/02/15 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/13914775

この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険課からの通知:

» 介護保険法と介護保険制度 介護保険で住宅改修 [介護保険法と介護保険制度 介護保険で住宅改修]
介護保険制度は、平成9年(1997年)に公布され、2000年からスタートした「介護保険法」にもとづくもので、国民からの保険料などを財源として、高齢者や要介護者に介護サービスを提供するという社会保障制度です。 [続きを読む]

受信: 2007/05/20 22:51

« 人が落語に求めるものは(加筆訂正あり) | トップページ | 再び父ちゃんのこと »