« 推薦アルバム | トップページ | もう少しマシに・・・。 »

2006/10/27

オーティス・ブルー

オ-ティス・レディング
オーティス・ブルー
File0043
昨日はレイカ&ウェイターズを紹介し、記事の中でオーティス・レディングの名前に触れた。アレサ・フランクリン、ソロモン・バーク、サム・クック、レイ・チャールズなどと共に、オーティス・レディングは私のソウルミュージックの永遠のアイドルなのだ。

このアルバムは1965年にリリースされたオーティス・レディングの3枚目のアルバムだ。LPでも持っているが、すっかり不精になった最近ではCDばかりでLPで音楽を聴くことをしなくなった。
このアルバムの最後の曲「YOU DONT' MISS YOUR WATER」はウイリアム・ベルの1961年の曲だそうだが、私はオーティスのEP「ドック オブ ザ ベイ」のB面で聴いたのが特に印象に残っている。しかしEPに入っていたバージョンよりフェイドアウトが早く、尻切れトンボの様な雑な感じが残念だ。ウイリアム・ベルのオリジナルと聞き比べてみるのも一興だね。

出だしのIN THE BEGINNIGをオーティスはイン ジ ビギィニイィーンと歌っているように聞こえるのだ、まぁどうでもいい話だが…。

File0044
1,2はオーティスのオリジナル、5はジェリー・バトラーとの共作、4はソロモン・バーク、3,6,8はサム・クック、7はザ・テンプテーションズの大ヒットでスモーキー・ロビンソンの作品、9はブルースの大御所B・B・キング、10はローリング・ストーンズ、そしてウイリアム・ベルと全部大好きな人達の曲が並んでいる。ちなみに5はウイリアム・ベルがオーティスのカバーを歌ってもいる名曲中の名曲。
歌伴はメンフィス・ホーンズのホーン隊とアイザック・ヘイズのキーボードにブッカー・T&MGSで、オーティスのソウルフルなヴォーカルも最高だがバックの演奏も負けず劣らずの一級品、珠玉の一枚だ。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


|

« 推薦アルバム | トップページ | もう少しマシに・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/12445649

この記事へのトラックバック一覧です: オーティス・ブルー:

« 推薦アルバム | トップページ | もう少しマシに・・・。 »