« 目に虫、喉にえへん虫 | トップページ | 57ミリだってさ! »

2006/05/24

44ミリの雷雨って?

早番勤務も順調に終了したのですが、空模様が怪しくなって来たので、予定していた用事を明日に延期し、そそくさと帰宅しました。その後、雷雨になり激しい雨が降り出しました。夜に入りテレビを点けたら、私が住む東京・練馬では44ミリの雨が降ったと言い、道路が冠水した所もあったそうです。雨のニュース(読売新聞)
(観測地点と我が家との距離は約4Km)

44ミリの雨と言われても、何だかピンと来ませんね。たぶん降って来る雨が多いので、雨水がハケて行かない状態が起こる位の雨量?と考えれば良いのですかね。理屈っぽい言い方ですねー、この考え方も分り難いですね。まぁ雷を伴った雨がひどく降ったのです。なんだかヤケッパチに聞こえますね。

窓のガラスに顔を押し付けるようにして、雷を見ていました。空がパッと明るくなり、遠くでドドーンと音がして…、稲妻が走る。凄いなぁ!凄いエネルギーだなー!と、いつも感心しながら見ています。まるで子供みたいに!人から見たらきっと子供じみて見えるのでしょうね。結婚した年の夏にも、窓に顔を押し付けるようにして、雷を見ていたら、かみさんが「あんた、変な人だねー」と言ってました。確かに「変」かも。

喜んで見ているというよりは、只々雷のエネルギーに感心している…、圧倒されている…。おそれ、おののきながら呆然と見ているのです。怖い物見たさでしょうか?稲妻やカミナリには一種の壮絶さがあります。古代の人がカミナリは神の怒りの仕業だと思ったのも無理のない話だと思います。

今はもう神の仕業も止んで、雨音も弱くなって来ました。明日は晴れると良いなぁ。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 目に虫、喉にえへん虫 | トップページ | 57ミリだってさ! »

コメント

高木さん、こんばんは(^-^)
何だかここに来るとほっとします。
私も雷好きですよ(笑)
今でも雷が鳴ると雷がもっときれいに見えるように、わざわざ電気を消して暗い部屋から窓ガラスに顔を近づけて眺めます。
どうしてでしょうね。

投稿: dan | 2006/05/24 22:23

danさん こんばんは。
いつもありがとうございます。

>何だかここに来るとほっとします。
それは私がdanさんの「からころりん」や「おべんとう日記」を見ている時に感じる氣持ちと同じですね。

まさか同じ事をしている人がいるなんて!

まだ小さかった頃、雷が鳴ると蚊帳を吊って、祖母に蚊帳の中に入れられた事を思い出しました。

古川柳に「かみなりをまねて腹掛けやっとさせ」なんて云うのが有りました。私も腹掛けをしていた記憶がかすかに有ります。もう45年近く前の記憶です。

投稿: 高木のおっちゃん | 2006/05/24 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/10225682

この記事へのトラックバック一覧です: 44ミリの雷雨って?:

« 目に虫、喉にえへん虫 | トップページ | 57ミリだってさ! »