« 雨のち虹 | トップページ | 44ミリの雷雨って? »

2006/05/22

目に虫、喉にえへん虫

仕事中、目に小さい羽虫が入った。洗面所で目を洗ったが取れなかった。家に帰ってから目を洗浄液で洗ったが、それでも取れずに目の端っこでごろごろしている。大きくもない目なのに…こうして虫が入る。
子供の頃、耳に虫が入って出て来なくなってしまい、耳の奥でカサコソカサコソ動き回るので慌ててしまった、虫が耳の中で動き回る音はとても大きく聞こえたのです。母に連れられて近所の診療所へ行くと、先生は部屋のカーテンを全部閉めさせ、照明も消した、そして虫が動き回っている耳の入り口で懐中電灯を点けた、暗い耳に中にいた虫は懐かしい灯りをめがけて耳の奥から這出でてきた。出て来たのは小さなカミキリムシだった。先生は窓からカミキリムシを外に逃がしてやった。耳の中でカサコゾ歩き回る音が無くなっただけでも、爽快な気分が戻り、嬉しかったー。

私の職場は大勢の客様が来館する所なので、常に埃が舞っていると考えた方が妥当な場所です。喉風邪の場合、出社時より退社時の方が咳が出るようだ。やはり絶えずロビーや廊下、階段などには埃に晒されている所を歩き回っているのだから、咳が出るのも当たり前ですね。予防に勝る治療はなしです。いつもウガイして喉を清潔に保つ事にしましょう。
これから事務所は蚊が毎日飛び込んでくるでしょうし、蚊を寄せ付けない工夫が必要ですね。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


|

« 雨のち虹 | トップページ | 44ミリの雷雨って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/10179651

この記事へのトラックバック一覧です: 目に虫、喉にえへん虫:

« 雨のち虹 | トップページ | 44ミリの雷雨って? »