« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

再び鳥の話 part2 他

060531_017_1
今日、午前中カラスの巣の撤去に駆除業者の方が来てくれた。聞けば以前にも来た事があるそうだ。しかも同じ木だそうで、手馴れた様子でトラックから梯子を下ろし、確認に登って行き、巣が有る事を確かめて一旦下りて来ると、ヘルメットをかぶり再び登って行った。すると何処からかカラスが現れて激しく鳴き騒ぎ、枝を折って落とした。カラスが「枝を折って落とす」これは危害を加える者に警告を発したのだと、駆除業者の人が教えてくれた。

060531_028_1パラパラと針金ハンガーが落ちて来た。カラスの雛が2羽落とされてきた。その後、針金ハンガーと木の枝で作られた巣がどさっと音を立てて落ちて来た。直径は1メートル弱くらいの大きな巣だ。ベランダや物干し場から集めて来た針金ハンガーがカラスの巣の構築物の大部分を占めているようだ。自治体からは針金ハンガーを出しっ放しにしないように回覧が回ってきたが、誰も氣にも止めなかったのか、相変わらずカラスは針金ハンガーを集めて来ては巣を作っている。巣を作って子供を生み、育てる中で、巣に近づく者があれば警告を発するし、威嚇もする。そうなると巣を撤去せよという事になる。確かにカラスに突付かれれば怪我をする。
山に居て七つの子があると童謡に歌われていた時代は、カラスにとっても人間にとっても、幸せな時代だったのだろう。

先日の「たからちゃんML」や「おべんとう日記」のdanさんと息子さんのリュウ君の話に触発されて、ジャワ中部地震で罹災された方々にユニセフを通じてささやかな募金をして来た。

※募金は郵便振替、口座名義は「財団法人日本ユニセフ協会」
口座番号は00110-5-79500。振替用紙の通信欄に「ジャワ島」と明記する。振替手数料は無料でした。

今日58回目の誕生日を無事に迎える事ができました。これもひとえにいつも温かく応援して下さる人達のお陰です。いつもいつも温かく見守っていて下さり、ありがとうございます。小さい力だけれどありがとうの氣持ちを込めて募金をしてきました。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/30

再び鳥の話

チョウゲンボウに続いて、また鳥の話なのだ。
今回は悪名高いカラスの話なのだ。だけどカラスに罪は無い。
私の職場の周りには街路樹と同じ位の高さのある木がぐるりと植わっている。その内の一本にどうやらカラスが巣を作り、子育ての真っ最中らしく、通りを挟んで建っている建物に居た人が窓を開けたら、カラスの攻撃を受けたようで、巣を撤去して欲しいと要請が有ったそうだ。確認のため屋上に出てみた所長にカラスの夫婦が威嚇して来たと所長も驚愕。すったもんだの末に、巣の撤去が決まった。ここ数日の間に実施されるだろう。
カラスとゴミの問題は背中合わせだ。ムクドリやインコによる糞公害、鳴き声などの問題も大きくなって来た。山に居れば問題になることも無かった動物たちだが、山にも居所が無くなり町や里に出て来て、問題視されている。問題の種を蒔いたのは人間だ。問題を解決できるのも人間だけだ。こんな時、共存より抹殺を繰り返してきた人間の歴史。人間にとっても動物にとっても、日本は、地球は住み難くなって行くようだ。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

チョウゲンボウ

夕方からの出勤で、始発駅で電車を待っていたら、羽ばたき方が鳩ともカラスとも違う鳥が視界に入って来た。滑空しながらキキキキーッと鋭く鳴いて、遊園地の木立の方に消えていった。
チョウゲンボウだ。嬉しくなってニヤつきそうになるのを、なんとか我慢した。以前も練馬駅のホームからチョウゲンボウの飛んでいる姿を見た事があった。どこに巣を作っているのだろうかと思っていたが、少し読めて来たような氣がする。だからと言ってチョウゲンボウの巣が有りそうな所へ行って見ようとは思わない。時々飛んでいる姿が見られればそれで良いのだ。鳩より少し大きいくらいの空のハンターを見られた日は嬉しい。チョウゲンボウの写真を紹介出来ればと思ったが、許可が必要だとかで、興味のある方は「チョウゲンボウ」で検索すると素晴らしい写真に出会えます。

山にも行かず、野原にも行かず、川辺にも、海にも行かず、もっぱら自分の日常生活の中でのバードウォッチングだが、それはそれで充分楽しい。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/25

冷やし中華日和にはなったけど

らあめん□□□の冷やし中華と餃子
20060525_008
今日は公休、目覚まし時計をセットして置かなかったので、目が覚めたら11時を過ぎていた(とほほ!)。ベランダに出て洗濯日和なのを確かめてから洗濯2回。一応色の濃い物と薄い色の物を分けて。でもそれが普通なんですよねー。不精なおっちゃんは、白いのも黒いのも何でも一緒にぶち込んで洗っちゃうけど、今日は分けて!珍しい事をして、また雨が降らなけりゃ良いけれど。洗濯物を外に干すのも久し振りです。

午後から昨日雨で延期にした用事を足しに、バスに乗って出掛けた。買物を済ませて遅い昼食を摂ろうと街をぶらついていたら、 「らあめん□□□」という店の前まで来て、冷やし中華の看板を見て入ってみました。(□□□は伏字です)冷やし中華と餃子の食券を買って席に着き、しばし待つことに…。「らあめん□□□」は職場の近くにも有るけれど一度も入ったことが無かったのです。何故か入りたいと思わなかったのです。それが図らずも他所の街で入ってみました。餃子を焼くのもタイマーを使っています。麺を茹でるのもタイマーで時間を計ってやっています。カウンターには「あなたも起業しませんか?」みたいなパンフレットが置いて有ったりして、この店はフランチャイズ制なのか?(美味ければ何でも良いけれど)

冷やし中華のポスターには懐かしい味、季節限定などの文字が…でも懐かしい味はしなかった。餃子が運ばれてきたら写真を撮ろうと箸を付けずに待っていたからか?それだけでもなさそうだな。写真を撮ってから食べ始めたが、少し食べてから、酢を掛けて食べ、少し醤油を垂らして又食べて、結局私の中にある「冷やし中華」の味にはならなかった。餃子にも同じ事が云えそうだ。ただこの店の普通のらーめんを食べていないので何とも云えないけど…。
古い概念の私の舌とは相容れないような氣がした。

駅前から帰りのバスに乗り込むと、お父さんに抱かれてバス停にいた小さな女の子がバスに向って手を振っている。私もバスの中から小さく手を振る。にこにこと笑顔が広がり、嬉しそうに両親の顔を見る女の子。両親も笑顔になる。

電車やバスに手を振る子供。しかし誰も小さな手に答えて手を振る人がいないのを見ると、少し悲しい。子供は乗客にではなく電車に、バスに手を振っているのだとしても、誰かが氣付いて手を振ってくれたら、きっと嬉しいに違いない。かつては電車やバスに手を振っていた少年だった私は今、そう思うのだ。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

57ミリだってさ!

やぁ、酋長だよ。
相変わらずの宵っ張り(もう2時すぎだよ)の朝寝坊さ。昨日の雨量、最初44ミリだって言ってたけど、読売新聞の記事を見ると57ミリだったらしいね!道路が冠水した写真まで載っていたよ。関東地方はまだ梅雨入りしていないけど、5月の天気などは半分くらい雨模様ではなかっただろうかと思われる程、雨が降った氣がするよな。まだこの後に梅雨が来て、雨が降るんだろう?。雨も降らなくちゃ、農家は困るだろうけど、雨の日はどうも氣持ちが沈むしな…、好きにはなれねぇ。

雨が降ってウキウキしている奴って居るかい?アマガエルくらいのものだろう?まぁ降っても良いけど44ミリだとか、57ミリだとかはよしとくれ。せめてパラパラっと降らしてくれたら良いからさ~。そのへんの処、ひとつうまく頼むよ。
じゃぁ、又お目に掛かるよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

44ミリの雷雨って?

早番勤務も順調に終了したのですが、空模様が怪しくなって来たので、予定していた用事を明日に延期し、そそくさと帰宅しました。その後、雷雨になり激しい雨が降り出しました。夜に入りテレビを点けたら、私が住む東京・練馬では44ミリの雨が降ったと言い、道路が冠水した所もあったそうです。雨のニュース(読売新聞)
(観測地点と我が家との距離は約4Km)

44ミリの雨と言われても、何だかピンと来ませんね。たぶん降って来る雨が多いので、雨水がハケて行かない状態が起こる位の雨量?と考えれば良いのですかね。理屈っぽい言い方ですねー、この考え方も分り難いですね。まぁ雷を伴った雨がひどく降ったのです。なんだかヤケッパチに聞こえますね。

窓のガラスに顔を押し付けるようにして、雷を見ていました。空がパッと明るくなり、遠くでドドーンと音がして…、稲妻が走る。凄いなぁ!凄いエネルギーだなー!と、いつも感心しながら見ています。まるで子供みたいに!人から見たらきっと子供じみて見えるのでしょうね。結婚した年の夏にも、窓に顔を押し付けるようにして、雷を見ていたら、かみさんが「あんた、変な人だねー」と言ってました。確かに「変」かも。

喜んで見ているというよりは、只々雷のエネルギーに感心している…、圧倒されている…。おそれ、おののきながら呆然と見ているのです。怖い物見たさでしょうか?稲妻やカミナリには一種の壮絶さがあります。古代の人がカミナリは神の怒りの仕業だと思ったのも無理のない話だと思います。

今はもう神の仕業も止んで、雨音も弱くなって来ました。明日は晴れると良いなぁ。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/22

目に虫、喉にえへん虫

仕事中、目に小さい羽虫が入った。洗面所で目を洗ったが取れなかった。家に帰ってから目を洗浄液で洗ったが、それでも取れずに目の端っこでごろごろしている。大きくもない目なのに…こうして虫が入る。
子供の頃、耳に虫が入って出て来なくなってしまい、耳の奥でカサコソカサコソ動き回るので慌ててしまった、虫が耳の中で動き回る音はとても大きく聞こえたのです。母に連れられて近所の診療所へ行くと、先生は部屋のカーテンを全部閉めさせ、照明も消した、そして虫が動き回っている耳の入り口で懐中電灯を点けた、暗い耳に中にいた虫は懐かしい灯りをめがけて耳の奥から這出でてきた。出て来たのは小さなカミキリムシだった。先生は窓からカミキリムシを外に逃がしてやった。耳の中でカサコゾ歩き回る音が無くなっただけでも、爽快な気分が戻り、嬉しかったー。

私の職場は大勢の客様が来館する所なので、常に埃が舞っていると考えた方が妥当な場所です。喉風邪の場合、出社時より退社時の方が咳が出るようだ。やはり絶えずロビーや廊下、階段などには埃に晒されている所を歩き回っているのだから、咳が出るのも当たり前ですね。予防に勝る治療はなしです。いつもウガイして喉を清潔に保つ事にしましょう。
これから事務所は蚊が毎日飛び込んでくるでしょうし、蚊を寄せ付けない工夫が必要ですね。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

雨のち虹

日中酷い雨になり、スクーターは諦めて電車で出勤となりました。蒸し暑くて駅に着く前に汗だくでした。職場について傘立ての隅に傘を立て掛けたら、倒れてしまい、傘を引っ張り出す時にどうしたはずみか首を捻ってしまい、ちょっと参りました。
夕方ロビーのカーテンを閉めていて、ひょっと空を見上げたら、虹がかかっていました。なぜか虹を見たらラッキーと思います。仕事中だったので写真は撮れなかったけど、何だか嬉しくなってしまいました。我ながら単純な男だなーと思いましたが、これが私の持ち味なのかも知れません。
今夜は利用客が9時半には帰ってしまい、終了点検も殆ど済んでいたので、スムースに終われて、ここでも又ラッキーでした。風邪が抜け切らずに調子もイマイチだったけど、虹のお陰で元気が出て来たようです。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/18

台風1号発生

「軒下にてるてる坊主いなくなり」
最近ではてるてる坊主を作る子供など居なくなってしまったのだろうか?てるてる坊主を作っても雨が止むわけではないが、願うとか祈るなどと云う事が、意味を持たない時代になってしまったのだろうか?
雨の日でも雨靴を履いている人を滅多に見掛けなくなった。道が舗装されて雨の日でもぬかるむ事がなくなり、雨靴の出番も減ったのだろう。雨靴は足が蒸れるし、歩き難い。しかし多少の歩き難さは我慢するとして、雨の酷く降る通勤時は雨靴が有ったらとも思う。雨靴もさりながら、通気性の良いゴアテックス素材のウォーキングシューズが欲しい。

早くも台風1号が発生し、その影響で前線が延びてきて、また雨です。台風1号ってこんなに早く発生するんでしたっけ?今年は台風の多い年になるのかなー?。日曜日には晴れて欲しい。雨のために何度か順延して来た友人と公園の木の下でお茶をしたいからです。

これから6月に向ってアジサイやアヤメの季節ですね。ことしは久し振りに明治神宮の菖蒲田に行って見たいと思っています。船橋と行徳に住んで居た頃は、毎年のようにスクーターで葛飾柴又のとなりの水元公園のアヤメや、北小金(松戸市)の本土寺にアジサイを見に行っていましたが、練馬周辺にもアヤメやアジサイの見られる所は有るのかなー。石神井公園のボート池端、三宝寺池端にもアヤメが少し植わっていたようですが…。休みの日にはゆっくりと草花を眺めたりして、心を落ち着かせていたいものです。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

六根清浄(ろっこんしょうじょう)で

新調した眼鏡を受け取って来ました。考えていた価格の1.5倍程になってしまったけど、軽くてレンズも明るく、とてもよく見えています(そりゃぁそうだろう新品だもの)。大事に使って行こう。

先日の酋長が記事に書いた本の事で考えた。もうあの手の本は読むのを止めようと。
目は害になるものを見ないように、耳は悪い話を聞かないように、口は悪口や愚痴を言わないようにしようと考えた訳です。

『事実は小説より奇なり』で事件性のあるストーリーは書籍やテレビや映画などで観た時、読んだ時点では確かに面白いかも知れません。でもいつの間にか、面白いものや怖い物見たさに覗いて見た"自分"を害している事もあるでしょう。もしそうならば、そんな事は止めようと思ったのです。

根がアホなので時々には軌道修正してやらなければならないようです。脱線しそうになったら「楽しくなる、明るくなる、元気になる」本来の軌道に戻してやる作業が必要なようです。

今月の初めにひいてしまった風邪が完治せず、身体にも心にも力が入らなくて何をするのも億劫で、後回しにしてきた事も幾つかあり、一つ一つ片付けて行こうと思っています。ゆっくりでも良い、自分の出来るペースでやれば良いのですが、ついついあれもこれもと考えて一つも実行出来ずに苛立つのは心身に良くありませんからね。  少しずつ元気を取り戻してきたおっちゃんです。

重い心臓病を患い、20年間も闘病生活を送っていて、海外での心臓移植手術を希望している三鷹市在住の渡辺祥司さん(57歳)への支援活動が苦戦していると5月11日の朝日新聞に載っていました。私も以前心筋梗塞を患い、年も同じ57歳、遅まきながら応援させて頂きます。一日も早く渡辺さんが移植手術が受けて、元気になりますようにお祈りしています。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

何だかなーby酋長

File0032
やあ、酋長だよ。本物のハードボイルドだったよ。背筋が寒くなっちまった!

「アメリカを葬った男」って邦題で、シカゴのギャング、サム「ムーニー」ジアンカーナの暗躍をジアンカーナの弟とその息子が書いた本で、訳=落合信彦、1992年4月光文社刊。

シカゴのギャングと言えば、アル・カポネが有名だけど、ジアンカーナはカポネ亡き後のシカゴから徐々にアメリカ全土に勢力を広げて行き、時の大統領ジョン・F・ケネディ、弟で司法長官のロバート・ケネディ、女優マリリン・モンローの死にも関係があったと書いてある。ジョン・F・ケネディがアメリカ大統領になったとき、若くて理想に燃える大統領の登場だと持て囃されていたけれど、この本によると真相はどうやらそうではないようだ。ケネディ兄弟のオヤジさんてぇのは、禁酒法時代に密造酒で儲けた男で、大恐慌の時も事前に情報を入手して、暴落前の売り抜けで大儲けして財産を築き上げ、様々な手を使って息子を大統領にしたようだ。サム・ジアンカーナをアメリカをコントロールしたモブスター(ギャング)だと言っている。と言うことは、殆ど世界をと言い換えても控え目では無いって事だよな!ハードボイルド好きの酋長にしても、どうもこの本を紹介するのは氣が重くなる様な内容なんだよ。本を読んで後悔した事なんか殆ど無い酋長だけど、知らなけりゃ知らないでいた方が良かったよ。子供じゃあるまいし綺麗な世の中だなんて思っちゃいないけどさ、人間の業の深さっていうか…、残虐さって言うか…、どうにも遣り切れないものを感じちまった。しかし何とも歯切れの悪い記事だねぇ。

じゃぁ、またお目に掛かるよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

まとまりのない話

プリンターのインクが減って、友人に送る写真が印刷できず、デジカメで写真を撮るようになってから初めて写真店に行き、コンパクトフラッシュに移して置いた写真を店頭の機械で写真にしました。フィルムでも今は当日中にしかも30分位で仕上がるようですが、あの機械は5分程の間に26枚のプリントを作り出した。しかし機械の操作性は余り良くない。もう少し親切に操作の説明をする必要があると思う。コスト的にも操作性ももっとこなれた物になれば良いと思った。きっとあの機械は発展途上なのでしょうね、私の頭と同じ様に。
プリンターのインクもいつものパソコンショップに買いに行ってきました。6色ワンセットで6千円弱!やはり高い。やはり今日もせこい話で終わりそうです。
週末もはっきりしない天気が続きそうです。今読んでいる本を早く読み切ってしまわないと、夜更かしになりそうです…。止めやれない止まらないのカッパエビセン状態に陥ってしまいそうです。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/08

眼鏡を新調

昨夕は雨で電車で出勤したところ、私の予想に反して夜は雨が上がりましたが、館内巡回で階段を登ったりすると汗が出るし、座って仕事をしていると肌寒く感じ、冬物の作業衣を着たり脱いだりしながら、調節していました。

先日のプチ同窓会の写真を印刷し始めると、インクの残量が少なくなった警告が現れ、写真に縞が入るようになってしまいました。明日は写真店でプリントするために、選んだ写真をコンパクトフラッシュに移動して置きました。プリンターのインクももう少し安くなると良いのですが、高いですねー。

午後から眼鏡を新調しに行き、検眼した結果、やはり老眼が進んでいたようです。私の目は近視と乱視と老眼が少しずつ入っている(ややこしい目ですねー)ので、レンズも取り寄せになり、出来上がるのは来週の月曜日との事。今使っている眼鏡はもう八年も前に作った物で、レンズのコーティングも剥げて来てしまい、度も合わなくなったので、今年になってからずーっと考えて、清水の舞台から飛び降りるような思いで新調しました。大事に使って元を取ろうと考えています。どうもセコイ話になってしまいました。ご寛恕の程、願い上げます。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/06

今日もまた無事に終わって

今日は遅番、風邪が治って喜んで遊びに行った疲れが有ったのか、昼間はゴロゴロ、ウトウト。
勤務も前日の計画通り進んで、今日もまた無事に一日を終えることが出来ました。何でもない事がいつか有り難いと思うようになって来て、仏壇の扉を閉めながら「今日も一日無事に終わりました、ありがとうございました」などと言うようになりました。

夕方から生暖かい南の風が吹き出しましたね、明日は雨の予報です。友人と公園でお茶する計画は延期です。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/04

プチ同窓会、テクテク歩き

小石川後楽園
20060504_005
今日はプチ同窓会で2年ぶりに会う友人を含めて、4人で東京、文京区の小石川後楽園へ出掛けました。この4人は30年程前に知り合った飲み友達で、昔はみんなご近所さんでしたが、今は夫々離れた所に住んでいるので、毎年ゴールデンウィークと年末の年二回集まって旧交を温めているのです。

(クリックすると大きなサイズで見られます)
File0031_1 小石川後楽園の最寄り駅は、中央線及び地下鉄飯田橋駅です。この庭園は江戸時代 徳川御三家の一つ、水戸徳川家の上屋敷の庭園跡です。東京ドームや後楽園遊園地を訪れた人は多いでしょうが、後楽園庭園に足を伸ばす人はそう多くないようです。

20060504_010入り口でもらったパンフレットには「大江戸・東京に残る深山幽谷」と紹介されています。
ここは都心に有りながら季節毎に見所の多い場所ですが、生憎この時期は藤は終わり、菖蒲には少し早かったようでした。それでも数本の菖蒲が花を付け始めていました。

根津神社のつつじ
20060504_027後楽園庭園が何となく物足りず、正午前と時間も早かった勢もあり、神楽坂で昼食をして散会かと思っていたのですが、
「根津神社のつつじが見事らしい」との私の一言で衆議一決。タクシーで根津に行くと、商店街にはつつじ祭りのボンボリが下がり、歩道は見物客で溢れていました。

20060504_033
境内では太鼓の演奏が行われていたり、猿回し(休憩中でした)がいたり、屋台も沢山出ていて、まるで新宿駅のラッシュアワーのような混雑でした。つつじが植えられている庭に入るには一人200円の入園料が必要でした。花の盛りは少し過ぎていたようですが、赤、白、ピンク、オレンジなど色とりどりのつつじが咲き乱れ、将に百花繚乱、とてもきれいでした。

珍しい黄色のつつじ20060504_034
根津神社を出て、お昼を食べる事に。
ちょうど昼時で、食べ物屋の店先にはどこも客が並んでいます。私達も手打ち蕎麦屋で並び、20分程待って店内に入り、手打ち蕎麦を堪能しました。私は辛味大根蕎麦を食べましたが、蕎麦は江戸前細打ちで、しこしこと腰があり、辛味大根が程よく利いて美味しかったです。 

不忍池端、変わった形のビル20060504_037
蕎麦屋を出て、不忍通りを歩き、伝統工芸展を覗いたりしながら、上野動物園の池之端門の前に出ました。そこで動物園に入ろうと言う事になり、入園したのは良いのですが、物凄い人出で、動物の檻の前に辿り着くにも人を掻き分けるようにして…。
あまりに多い人、人、人の洪水に人酔いしたようになった一人が「もう出よう」と言い出したので、人の流れに逆らって進み、なんとか正門から出て、コーヒーでも飲んでお開きにしようと、コーヒーショップに行くと、ここでも行列が…、どこに行っても満席、行列で、とうとう湯島まで歩いてしまい、やっとコーヒーを飲む事が出来た次第で、こんなに歩いたのは久し振りでした。すると一人が来年はハイキングをしようと言い出して(皆で大笑い!)

有り難いことに今年もこうして顔を揃える事が出来て、楽しい一日を過ごせました。この友人達が私の本当の財産である事を、今年もしっかりと心に刻むことが出来ました。そしてまた来年の企画を考えるのが楽しみになりました。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/01

今日はメーデー

世間では昨日からゴールデンウイークに入りましたが、私の勤務先は年末年始の6日間以外は年中無休なので、日曜、祝日も関係なくローテーションで出勤です。しかしさすがにゴールデンウイーク中は施設利用の予約は少なく、館内は閑散としていました。三月のような期末の忙しさも無く、仕事も遅滞なく捗っているので、気分的にも楽でした。自分の担当とされている以外にも、探せば幾らでも仕事は見つかります。本来の仕事の合間を縫って実施してゆく長期的な無理のない計画を立てて行こうと思っています。

今日はメーデーですが、十代の頃に参加したのを最後に他所事になってしまいました。長年労働組合のない職場にいた事もあり、労働者なのに労働者意識が希薄になっています。そして年々メーデーに参加する人も少なくなっているようです。雇用関係もパート、アルバイトが増え、労働者意識も変わって来て、団結する事を難かしくしているのかも知れません。

今日は暑い位の天気に恵まれ、練馬駅北口の平成つつじ公園は、沢山の人が見物に訪れ、写真を撮ったりしていました。またお年寄りの施設からのつつじ見物の車も数台止まっていて(昨年は父も職員さんに引率されて見物に来ていた)、公園は大いに賑わっていました。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »