« 雨の周期 | トップページ | 一度で二度美味しい? »

2006/04/09

俄か雨?

昨日、職場のある地域では俄か雨があったそうだが、五キロメートルも離れていない我が家の周りでは、雨が降ったかどうか分らない(出勤時、地面は濡れていなかった)。その時間は前日の続きで本(松本清張著・鬼火の町)を読んでいたからだ。

松本清張の捕物話は始めて読んだが、癖のない文体だと思う。平易な言葉でさらさらと読み進められる、理解しやすい文章だ。主人公の老練な岡っ引は担当した事件を探索の途中で、上からの圧力により降ろされてしまう。下手人として無実の娘が捕縛され、岡っ引の協力者となった若い旗本の知恵で、無実の娘の処刑を目前に事件は解決をみる。結末を迎え、元岡っ引は老いた俳人になっていて、訪れた第三者に自分が関わった昔の事件のなぞ解きをしている、このあたりは岡本綺堂を意識した構成になっているようだ。そして、松本清張の昭和史発掘」1~13まで文庫本10冊にのぼる大シリーズを読んでみようようと思い始めた。大正から昭和に元号も変わり華やかな町の変貌の陰では戦争に向って突き進んで行く社会があった。その裏側を松本清張がどう捉えたのか私は知りたくなった。(幸いなるかな、勤務先の隣は図書館である)

しかし、これは酋長の領域でありましたな。
ごめん酋長!本の紹介は必ず酋長に頼む事にするから、
臍を曲げないでちょうだいませ。

5年ほど前から使っているキーボードが大分汚れて来た。一度キーボタンを全部外して、中性洗剤に付け置きして、綺麗にしようと思っている。以前キーボードカバーを付けて使っていた事があったが、どうもタッチがしっくり来ないので、捨ててしまったのだ。一日パソコンに触れない日が出来るが、キーボタンを漬け置きしている間は、外で遊んでくれば良いのだから。

今日は友達が散歩がてら訪ねて来てくれた。半分寝ぼけ眼で玄関に出て、話をしたがY君ありがとう!また僕も寄せてもらいます。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 雨の周期 | トップページ | 一度で二度美味しい? »

コメント

松本清張の捕物話ですか。う~む、読んだ事がありません。
宮部みゆきが編集した「松本清張傑作短篇コレクション」(3分冊)もいいですよ。
松本清張がお好きなら、高村薫なんかもいいかもしれませんね。
社会構造の外と内から見る違いはありますが、酋長やおっちゃんを満足させるかも。
こちらは花散らしの雨が降ってます。

投稿: lagopus55 | 2006/04/13 08:23

lagopu55さん こんにちは。
いつもありがとうございます。
松本清張の捕り物帖は始めて読みました。
私の若い頃は松本清張はベストセラー作家でしたが、殆ど読まずに来ました。勤務先の前には図書館があり、借りて読もうと思います。高村薫、手帳に書いておかなくては。またお勧めの本があれば、教えて下さい。 おっちゃん拝。

投稿: 高木のおっちゃん | 2006/04/13 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/9498489

この記事へのトラックバック一覧です: 俄か雨?:

« 雨の周期 | トップページ | 一度で二度美味しい? »