« 千川通りの桜 | トップページ | 母校の桜 »

2006/03/27

縁(えにし)

最近つくづく思うことは、私は沢山の良い「ご縁」に恵まれて生きて来たんだと…、実に嬉しく有り難く思っています。幾つかの試練にも出会ったけれど、それは私の人生を、私の心を、豊かにする為のハードルだったのだと思えるようになって来ました。そのハードルに直面している時は、何故こんな事ばかり次々に降り掛かるんだろうと、恨みがましく泣言ばかり並べて来たのですが…。
今迄私が出会って来た方々、ありがとうございます、これからもよろしくお願い致します。

今日、父がお世話になっている老健にケア・マネージャーさんを訪ね、父の今後をどうしたら一番良いのか相談しに行きました。現在老健に入所中の介護度1の入所者も、老人介護法が変更になる四月からすぐに出なければならないと言うわけではなく猶予期間がある事、また在宅となるにせよ現在の三階かもっと下の階に移る申請をしてみるとか、相談に乗って頂いたケア・マネージャーのNさんから幾つかの案が有る事などを教えて頂いきました。

またNさんが入所者とその家族に対しても愛情を持って接していて下さっているのを聞いて、嬉しく心強く思われ、安心しました。
在宅になった場合、父にとって三階までの階段の昇降が大変なので、明日住宅供給公社でもっと下の階に移る事が可能であるか相談に行きます。

とにかく父に一番良いと思われる選択が出来るよう、模索して見たいと思います。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 千川通りの桜 | トップページ | 母校の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/9283134

この記事へのトラックバック一覧です: 縁(えにし):

« 千川通りの桜 | トップページ | 母校の桜 »