« 新たなる歳に | トップページ | 文芸雑誌を手にとれば »

2006/01/01

2006年初詣

豊島区雑司が谷にある鬼子母神
参拝に並ぶ人々、およそ30人位であろうか。
2006


境内にあるお稲荷さん
2006


境内のお土産屋さん、ススキで作ったミミズクが有名、いつもはおばさんが一人で数匹の猫と店番をしているが、今日は3人体制だ。
2006


10時頃に携帯が鳴る、初詣の打ち合わせ。午後1時にJR山手線大塚駅北口で待ち合わせ。改札口を出て都電の線路の直ぐ脇の、「世界飯店」ここがお勧めの店らしい。
世界飯店は2001年9月8日放送の「アド街ック天国」大塚編で第10位にランクされたお店です。帰宅してから思い出して、チェックしてみました。
働いている人は全員アジア系外国人で、お客さんも外国人が多いようです。先ずはここでも生ビール、メニューは相方のお勧めで、鴨のロースト、空芯菜の炒め物、ビールのつまみとしてザーサイが出たがこれも美味い。帰りに炒飯用に買って来ようと思っていて忘れた(残念!)鴨のローストは皮がパリッとしていて、肉は柔らかく八角の香りが更に旨味を引き立てている。酒は老酒をボトルで出してもらう。(相方は酒豪なのである)空芯菜の炒め物は初めて食べた。他に野菜中心の炒め物と五目炒飯を食べた。全部食べ終わり、老酒のボトルも空に!たぶん半分は私が飲んだようだ。ママさんがみかんとお茶を出してくれる。美味しいジャスミン茶!飲み終わっても口の中にジャスミンの香りが残っていた。とても心温かいもてなしをするお店である。昔、千葉の船橋で寮住まいをしていた頃、寮の食事が休みの日に行っていた秋田屋という定食屋さんがマスターもママさんも同じように温かい人だった。(お元気だろうか)
世界飯店を出たら、早稲田行きの都電が走ってきて、私たちも走って大塚駅前から乗り込む。鬼子母神前で下車。参道を歩いていると、自動車が入ってくる。お参りに行くのに直ぐそばまで車で乗り付けるのだ(なんだかなー)境内に入ると30人くらいの人が並んでいた。社殿に上がり、健康と幸運を祈る。参拝を済ませ明治通りに出て、池袋駅を目指して歩きながら四方山話をする。池袋駅の改札で別れて帰宅。年末の天気予報によると雨が降るかも知れないとのことだったが、天気は崩れず楽しい初詣になった。

今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 新たなる歳に | トップページ | 文芸雑誌を手にとれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/7949940

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年初詣:

« 新たなる歳に | トップページ | 文芸雑誌を手にとれば »