« 見川鯛山先生亡くなる | トップページ | 連日の雷雨 »

2005/08/12

あれから20年

衝撃の御巣鷹山の日航機事故から今日は20年目にあたり、慰霊の行事等が行われ、またテレビでも関連の番組が幾つも放送されました。あの事故の翌日、僕は都内のあるスナックで飲んでいたら、ほかのボックスの客が事故を起こした123便に乗る予定だったが都合でキャンセルし、自分が乗る予定だった飛行機の事故をテレビで知り、体が震えたと話していたのを、今でも良く覚えています。自衛隊の隊員が事故現場に派遣され救出に当たりましたが、人づてに聞いた話では、現場を見た時の隊員の衝撃は大変なのもだったようです。日本航空史上最大の事故でありながら、事故の原因が完全解明されておらず、また誰も処罰を受けないといった、全く納得の行かない話のままで現在まで来ています。アメリカに屈服したのでしょうか?何だか政治的な臭いが感じられるような氣がします。そしてその後も一向に航空機事故は無くならず、それらの事故で命を落とした人々も多いのです。まだ小学生の頃の私は坂本九ちゃんのファンだったのです。テレビの歌番組で坂本九ちゃんをいつも観ていました。その後はストーンズやビートルズに興味が移りましたが、九ちゃんは僕の初めてのアイドルだったのです。九ちゃんはあのJAL123便に乗っていたんですね。カラオケでは必ず「上を向いて歩こう」を歌いました。(もう久しくカラオケにも行かないが)この悲しい事故の記憶を心の中から消さないようにしようと思っています。
今日も読んでくれてありがとう 感謝を込めて おっちゃん拝

|

« 見川鯛山先生亡くなる | トップページ | 連日の雷雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/5439934

この記事へのトラックバック一覧です: あれから20年:

« 見川鯛山先生亡くなる | トップページ | 連日の雷雨 »