« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

内なる二人の会話#2

酋「雨が上がったな、昨日は酷い雨だったよな。
  ところで心療内科には行ったのかい?」
お「ああ、近くの心療内科に行ってきたよ」
酋「どうだった?」
お「診察の前にカウンセリングがあって話を聞いてもらったし、
  医療費の負担が軽くなる方法も教えてくれたよ」
酋「どの位、軽くなるんだい?」
お「今は国民健康保険で30%負担だけど5%の負担で
  済むんだってさ、最長で2年間有効だって」
酋「それは良かったな、大助かりだよな」
お「先生も中年の親父っぽい人でさ、薬の選定や説明も
  分り易くかったよ、明日にでも区役所に行って区民税の
  書類を貰ってくるよ」
酋「そうだな!早い方が良いよな」
お「何だか安心したよ」
酋「良かったじゃないか」

酋「ところで今日はおっちゃんの誕生日だったよな」
お「そうだよ、57回目の誕生日だよ。でもあまり嬉しくないね」
酋「そんなに憮然とする事もないじゃないか?」
お「この歳になるとそれ程、目出度くもないしね」
酋「目出度くなくてもせめて自分で祝ってやれよ、
  年に一度のことだぜ」
お「だから小さなケーキを一つ買ったじゃないか」
酋「ただ甘い物が喰いたかっただけじゃないのかい?」
お「辛辣なことを言うなよ!、確かに甘い物を食べたかったさ、
  だけど今、祝ってやれって言ったばかりじゃないか…」
酋「そうだな、自分だけでも祝福してやらなくちゃな」
お「どんな事になっても生きて行こうや」
酋「うん、そうしようぜ」

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005/05/30

内なる二人の会話

酋「おっちゃん、最近記事書かないねー、落ち込んで泣いてばかり    
  いるし」
お「君も書かないだろう?」
酋「うん、何を書いたら良いのか分らなくなっちゃったよ」
お「僕もそうなんだよ、食料調達以外に家から出ないしね、新しい
  事は無いんだもの」
酋「でも、これからどうする積り?来月には金もなくなるぜ。それで
  も働かないのかい?」
お「昨日も今日も新聞を見たけど、応募出来そうなのは無かった
  よ。それに他人と上手くやって行けるか自信が無いんだよ」
酋「先週区役所に相談に行ったんじゃないのかい?」
お「うん、総合福祉課って所に行ったよ、お金が無くなったらどうす
  れば良いのか、聞きに行った」
酋「で、どうなったんだい?」
お「結論としては選り好みしないで、何か働き口を見つけろってさ」
酋「それだけ?医療費の事とか、親父さんの事とかは?」
お「医療費は保健所に申請に行くらしいよ、でも金のある内は払え
  って事みたいだね」
酋「選り好みせずに働けって、出来りゃぁやってるだろ?」
お「結局、他人から見たらノラリクラリしている怠け者にしか見えな
  いんだろうさ」
酋「…辛いね…」
お「毎日何もしたくないし、つまらないんだよ、楽しくないんだよね」
酋「やっぱり、心療内科に行くしかないぜ。放っといたら絶対ヤバ
  イよ!」
お「死んだりしないよ、大丈夫だよ!」
酋「明日近くの心療内科に行こうぜ」
お「うん、行ってみようか」
酋「明日必ず行くって約束してくれよ」
お「分ったよ、約束するよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/27

マサイのねえちゃんは中国人

わが町にあるスーパーの中華惣菜店で働いている、中国人のねえちゃんは一年ほど前、その店に出始めた頃「いらっしゃいまさい」と言っていた。何度聞いても僕には「いらっしゃいまさい」としか聞こえなかった。だから僕は密かに「マサイのねえちゃん」と呼ぶことにした。「いらっしゃいませ」と中々言えないで「いらっしゃいまさい」を繰り返していた。しかし今日買い物に行ったらマサイの姉ちゃんは「いらっしゃいませ」と言っていた!もうマサイのねえちゃんではなくなってしまった。たどたどしかった日本語もすっかり流暢になっていた。あの店の餃子もシュウマイも旨いのだが、安くないので今は買えない。収入が得られるようになったら、マサイを卒業したねえちゃんから「いらっしゃいませ」を言ってもらおうと思っている。
町には沢山の中国人が働いている事だろう。彼らや彼女達は小泉首相が靖国神社に参拝する事をどう思っているのかな?先日子供向けのテレビ番組で「我が欲せざるところを人に施す無かれ」という言葉を言っていた。今ではどうだろう?「我が欲せざるところを人に施す無かれ」は既に死語になってはいないだろうか?他にも死語になってしまった言葉は多い。他人を慮る(おもんぱかる)気持ちが有れば大抵のトラブルは回避出来そうだが…。
フィリピンのミンダナオ島で旧日本兵が見つかったとの報道。60年は永い!時間は二度と戻らないのだ。それは僕自身にも言える事だが。時間は二度と戻らない。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/24

自分の歩幅でね

昨日は、まばらに生えた無精ヒゲをそり、風呂に入り、循環器のクリニックに行ってきた。2週間に1度の通院なのに3週間あいてしまっていた。ドクターから「だいぶ間隔が空いてしまいましたね」といわれ、「サボってました」と答えたら看護士さんも笑っていた。「薬は足りていたんですか?」「飲み残しがありましたんで…」そんな問答があり、血圧の測定は137の76で、「サボっていたわりには正常ですね」とのことで一安心。シャツをまくって心音チェックも異常なし。次回は血液検査だそうです。私は普通の人より体温が低い。通常35.5度前後です。この辺にも問題がありそうです。体温が低いと眠りに入り難いそうだし、疲れ易い、物事に取り掛かるのに時間が掛かるし、でも食生活や生活習慣で改善可能だそうです。昨年1月に母が入院するまでは、夕食は半自炊して食べた物の記録を付け、体重のグラフも作り、9Kgの減量にも成功していたのが、母の入院から3食全部が外食になり、母の死後はそれらの記録も付けなくなり、すっかり自堕落になってしまった。冷たい物を冷たい飲み物で流し込む食事。テレビを観ながらの殆ど噛まずに飲み込むような食事。楽しくない食事。改善の余地大いに有りですね。

続きを読む "自分の歩幅でね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/22

1,2日お休みです。

明日はクリニックへ行きます。中々考えがまとまりません。
でもクリニックに行けば取り合えず安心は出来るでしょう。
1,2日の間BLOGはお休みになると思います。

雨が降ってきました。
戻ったら少しは明るい話が出来ると良いですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/05/21

繰り返し繰り返し

99ショップで以前から流れていた「桜の下で」という曲のシングルCDを買って来た。99ショップに行くと時々かかっていた曲で、澄んだ歌声とじーんと来る詩の曲だ。ずーっと欲しかったんだけど何故か買えなかった。今日食料品を買いに行き、到々このCDを買ってしまった。今、リピートモードにして繰り返し繰り返し聴いている。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/20

おっちゃんは今

やぁ酋長だよ!何とかやっているよ。
おっちゃんは今、戦っている。いろんな物と戦っている。自分と戦っている。負けるのか勝つのか分らないけど、戦うんだって言ってる。
じゃぁ又お目にかかるよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/19

父は元気でした

父に面会がてら施設使用料を支払いに行ってきた。3階のホールで相撲のテレビ中継を見ていたので、肩を叩くと「おおーっ」と言って振り向いた。父は元気だった。ひとしきり親戚は皆元気でいるか?と訊ね、私が元気だよと答えると、嬉しそうにしていた。そう言わないと心配するからね。今のところ足りない物は無いといい、そこでそのまま話しをしているとテレビを観ている人達に迷惑になるし、かといってお互い元気な姿を確認したら、さほど話がある訳でもないし、愚痴も言いたくないので、又来るよと言って分かれて来た。この間5分ほど。私たち親子にとっては、これが普通なんです。取って付けたような会話をしても始まらないしね。帰りに少し食料品を買って帰宅。買った物は手っ取り早く食べられる物ばかりだ。ほとんどファストフードに近い、スローフードの方が身体に良いのは分っているけど、調理するのは面倒で、台所に立つ気が起きないのだ。循環器に行くのを忘れていた。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/18

「うつ病」のこと

今日の朝日新聞、朝刊の1面と34面に「うつ病」の記事が掲載されている。「うつ病」の診断書の表現を弱めて書く医師が9割という見出しが目を引く。患者の復職に配慮して診断書に書く表現を弱めるという。薬を飲んでいるうちは復職させないと言った雇用者もあるそうだ。「うつ病」を含む精神障害で03年秋までの1年間に1ヶ月以上休業した労働者は47万人との記事もある。健康な人から見たら「うつ病」なんて軟弱者の掛かる病気だと思われている節もあろう。ある人の話であるが、自律神経失調症の診断書で会社を休んだら、上司にそんなものは女子供の掛かる病気だと一笑に付されたと聞いた事がある。皆が皆こんな認識ではないのだろうが…。

続きを読む "「うつ病」のこと"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/05/17

牛乳屋ではありませんよ。

今日も進展がなかった。少し分ったことが事はあったが。文章の順序が逆だね。でもこれが僕にとって思考をそのまま文章にしたらこうなるのだ。だから人に物事を説明すると、チグハグな印象を持たれる結果になり易い。難しいもんだねー。でも焦らずに行こう。今日も朝日新聞の紙面についての電話アンケートがあった。最近の朝日新聞は(四月から)紙面を読み易くしていて、読者がそれに氣が付いていたか?どの記事に関心を持って読んだか?などのアンケートだった。電話が鳴ったとき、また何処かの爺さんが牛乳屋と間違えて掛けて来たのかなとも思ったが、電話に出たらアンケートだった。因みに今日はその爺さんが2回牛乳屋と間違えて電話を掛けて来たのだ。間違え電話の最初は電話に出て「もしもし」と言ったら「間違えたかな?」とボソボソ聞こえて電話が切れた。数分後に「はい」と出たら「牛乳屋ですか?」と言っている!良く確かめてダイヤルするように言うと「すいません」と電話が切れた。「間違ったら御免なさい」とか言ってくれたら、もう少しやさしく対応出来たのに。午前中にも出たら切れた電話があったし、留守番モードにして置いて、直ぐ出るのは止めようかなとも思うが、呼び出し音が聞こえると、つい性分で出てしまう。でもまた図書券がもらえるから機嫌を直そう。安いもんだね、500円の図書券で機嫌が直る!
カリカリキリキリしても詰まらないし、いつも朗らかにして居たいんだけどね。笑う門には福来るという諺もあるからね。
ニコニコしていたらその内良い事があるかなぁ?
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

兎にも角にも

今のままでは絶対に善くないね。何とか考えている事を実行しなければ!電池の切れたロボットでは終われないよね。たまーにまだ生きてるよってピカッと頭の上のランプが点く、電池さえ入れ替えれば又動けるようになる。でも電池はどこだ、どこにあるんだー?絶対探し出すぜ!充電タイプじゃないんだよ。大丈夫だよ、探せるよ。
多謝、多謝、再見!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/15

火事と親父はなかったが

地震は来るし、ヒョウは降るし、雷は鳴るしでとんでもない天気だったね。でも今は何も怖くないなー。何でも来ればーって言う気分だね。又今日も寒いよ。体調は昨日よりはマシだけど団地の今年初めての草取りは休ませて貰った。宮里藍ちゃんが今年初優勝した。しかも13アンダーで!凄いねー。横峰さくらちゃんは苦戦していたようだ。キャディーのお父さんとも戦わなくてはならないし大変だよね。自分の思ったように伸び伸びとゴルフをして勝っても負けても全部自分の責任でやったら良いんだ。お父さんもここは我慢のしどころだろう。多分応援にも行かない方が良いのではないだろうか?自分の身体だけど自分の思うようにならないのは、歯痒いね。自棄を起こしても仕方ないし、少しづつ回復させるほか方法は無さそうだ。ゆっくりやろう。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/14

寒いね

やぁ、酋長だよ。来てくれて有難う、感謝しているよ。昨日今日となんだか寒いね。今日のBlogはお休みにさせてもらうよ。温かい生姜湯でも飲んで大人しくしてる事にする。じゃぁ、またお目にかかるよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/13

発泡酒作戦は…。

昨夜の発泡酒作戦は見事にハズレだった。発泡酒を飲んで、しばらくたって身体が痒くなりだし、腕の内側などはオーストリッチの皮みたいな見事なジンマシンが現れてしまったのだ。手抜きはダメだね。身体も神経も程よく疲れて人間は上手く眠れるように出来ているのに、ベッドで本を読むだけでは、眠れなくて当たり前なんだろう。
結局、朝刊が来る頃まで眠れなかった。とにかく今の生活を変えなくては!明日こそ、明日こそ。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/12

ビール?それとも発泡酒?

最近トラックバックを二件頂いた。しかしそれは記事の内容に関してシンパシーを感じたり、また正反対の意見だったりでトラックバックをくれた訳ではなく、記事の中のワンフレーズ(焼き鳥とか探偵小説などの語句)に対してのものだった。読んでみたが余りに安易なトラックバックだと思いました。だから「生意気」のそしりは免れないでしょうが、敢えて削除させて貰いました。こんな事をしたらこの先トラックバックが来ないかもしれないかなと、チラッと思いはしたが、それでも構わないと酋長も言っているし、私(高木のおっちゃん)もその方針で行くことにしました。しかし決して楽しいことでは有りません。考えた末の決断だった事を申し添えておきます。
今日はビールを買った。久し振りにビールを買った。ビール?発泡酒だったかも知れないけど、どっちでも私にとっては同じような物だ。ビールを飲んで寝てしまおうって思ったんです。睡眠薬代わりのビール。ビールを飲んで朝も8時頃に起きられたら、こりゃぁもう大成功なんだから。それから平岩弓枝さんの「はやぶさ新八御用帳」の一と二をブックオフで買って来た。このシリーズも面白いですよ。途中から読み始めたので、最初の一と二を読みたくなったって訳です。さてまたベッドに戻って至福?の時を過ごそう。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/11

砕かれたのは街じゃないのさ

やあ、酋長だよ。今は5/11の午前3時前だ。(全くこんな時間まで何をやってるんだか)おっちゃんが注文してくれたローレンス・ブロックの「砕かれた街」の下巻が届いたのは昨日。それから俺はずーっとベッドでその文庫本を読んでいた。小説は大抵ベッドで寝転んで読んでいるんだ。本当に悪い癖さ。途中2,3時間ずつ2回ほど眠った。最近ではまた纏まって眠れなくなって来ているんだ。良い兆候じゃぁないね。またカウンセリングとか薬が必要なのかもな。今回は上巻の時みたいに一字一句読んでいた訳じゃぁなく、かなり飛ばして読んだんだ。読まなくても構わない(と思った)部分があったんだよ。今までこんな風に飛ばして本を読んだ事は殆どなかったにも拘らずね。この「砕かれた街」は文庫の上、下巻にしてそれぞれが400ページほどの大作だけど、俺はすこし冗漫な氣がしたね。9.11の貿易センタービルのテロで息子と娘夫婦を一瞬にして失い、その後、悲嘆にくれた女房も薬を飲んで自殺してしまって、独りぼっちになった老人が(老人と言うより一人の男)次々に殺人を犯してゆくストーリーだ。だけどあんなに話を膨らませる必要があったんだろうか?それだけあのテロの衝撃が大きかったって事なんだろうと思うけど…。俺には最初の頃のマット・スカダーシリーズの方が優れている様に感じたね。テーマが違うとしてもさ。一瞬にして予測もしない事で家族や愛する人を奪われる理不尽に説明のしようのない大きな怒りや途轍もない喪失感が伴うだろうことは俺にも容易に想像が出来る。その男は別に氣が狂ったわけじゃぁないのさ。氣が狂ったほうがマシだったろうけどね。(それは酋長にも言えることだけどさ)生きてその悲しみに耐えて行かなけりゃならないのは地獄だぜ。似たような後姿に駆け寄ってみたら人違いだったり、何かにつけて思い出しては自分はこうして生きているのに、何故だって自分を責め続けるのさ。

続きを読む "砕かれたのは街じゃないのさ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/10

本が届いて目も上げず

一昨日注文した本が一挙に届きました。他にも一冊買ったので何と四冊が郵便受けの中でオシクラマンジュウをしてました。酋長は早速ローレンス・ブロックの「砕かれた街・下巻」に読みふけっていました。多分明日か明後日は酋長が読後感を書くんではないかと思います。私も酋長も活字中毒で読み物がないと生きて行かれないんです。そうは言っても余り読まないジャンルも有ります。現代小説はあまり読みませんし、SFも好きではなく、漫画もダメです。子供の頃から漫画を読んだ事がありませんでした。(以前にもBlogに書いたと思うが)小学四年生の頃に親戚から貰った本、曽我物語、平家物語、太平記、他にはロシア文学が2冊、結局ロシア文学は名前が憶え切れずに放り出してしまい、曽我物語と平家物語はバラバラになるまで繰り返して読みました。何故なら新しい本は買えなかったから。だから今でも本は大切にします。絶対伏せておいたり、ページを折ったりはしません。或る時僕が本を貸したら席を離れる時に、ページを開いたまま伏せた人がいて、僕はすぐその本を回収してしまい、席に戻った人は読み掛けだから又貸して欲しいと言ったけど、二度と貸しませんでした。大人気無いかなとも思ったけど、本を大切に扱わない人に貸す氣には成りませんでした。(たとえそれが100円で買った本であっても)まして人に借りた本の扱いとは思えません。人から見たら頑固で了見の狭い人間に見えるでしょうね?どう見られても構わないけど。さあ又、本の虫に戻るとしましょう。
今日も読んでくれてありがとう!   おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/09

久し振りの池袋

今日の川柳のようなもの
「百円と聞いて朝からハンバーガー」
「近頃は薄利多売が見直され」
「準急に乗らず各駅待って乗り」 「運転士若いとちょっと用心し」
午後から野暮用で池袋へ行ってきました。半端な時間に行ったものだから、たまには寄席へ行って落語を聴きたいなと思ったのですが、次回にしました。帰りの池袋駅でホームをニカニカ笑って手をひらひらさせながら行ったり来たりしている人が居たけど、3年間口説いてやっとデートに漕ぎつけたのか?、宝くじが当たって湧き上がる喜びを押さえ切れないのか?見ていて何だか妙な人だった。それをずーっと見ていた私も妙だけど。池袋だけではなく、「川柳のようなもの」も久し振りに捻ってみました。今日あたりは半袖で良かったような陽気でしたね。100円あったらマックへ行こうてんでマクドナルドの店頭には客が並んでいます。100円の物を一つだけ買う人も滅多に居ないでしょうから、あの企画は当たりですかね?電車に乗る時に何となく過敏になってしまっている私です。
酋長がローレンス・ブロックの「砕かれた街」の上巻を一気に読んでしまったから、アマゾンで下巻の古本を探して他の本と一緒に注文しました。酋長にも早く寝るように言って置かなくては…、
すっかり夜更かしが癖になってしまったから。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/08

髪を染めたけど /母の日に

昨夜も中々眠れなくて2時頃に養命酒を飲んでみたけれど、やっぱり眠れなかった。今朝はどうにも身体がだるかった。今日は昨日に比べて肌寒く感じる。何とか前に進もうと髪を染めた。前回は上半身裸になって首に古いタオルを巻いてやったのだが、今日は間抜けにもTシャツを脱ぐのを忘れていた。髪を染め終わり、合わせ鏡で襟足を見ている時になって、やっと氣が付く間抜けぶり!Tシャツが一枚駄目になったかと思ったが、風呂でシャンプーしている間に洗濯をしてどうにかTシャツは事なきを得、廃棄は免れた。(もっとも捨てはしないけれど、夏物のパジャマ代わりにになるだけだ、着古して襟が擦れてしまったシャツは襟を切り落として、パジャマになり、2度目のご奉公をさせられる我が家なのだ)今日は注意力も集中力も全然無い!髪の色は前回染めた時より濃く、イメージした通りになったから結果オーライだけど…。
今日は母の日だったけれど、いつも通り線香を上げただけだ。今でも母の日の前になると小学校ではカーネーションを買わされるんだろうか?お母さんの居る子は赤いカーネーション、お母さんの居ない子は白いカーネーションを…。僕は子供心にむごい事だと思っていた。しかしそんなに続いた記憶は無いから、きっと誰かが止めさせてくれたんだろうね。(あんな事はするべきじゃ無い!)
メゾソプラノのマリアン・アンダーソンのレコード(黒人霊歌集)で「時には母の無い子のように」Sometimes I Feel Like A Motherless Childを聴いた時、僕はまだ10代の終わりか、20代の始めかだったが、ぐっと胸に迫るものがあった。あの時の感情が又湧き上がっているよ。本当に寂しいってこういう事だったのか!嘆くまいと誓ったはずなのに…。幾つになっても駄目な男だなー。
お母さんのない子が勇気を持って生きられますように!そして幸せになりますように!
戦争や争い事がない平和な世界が一日も早く来ますように!
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/07

こちらも満開・栃の花と栃乃花

満開になった栃の花
2005
雨の一夜が明けて、少し雲は多いものの五月晴れです。先日栃の花の写真を載せた時はほんの咲き始めだったのですが今や栃の花も満開になりました。この木の他にも栃の木はありますが、これほど沢山の花を付けた木はありません。今朝はゴミ集積所の鍵開け当番だったのですが、寝過ごしてしまいました。8時に慌てて行って見たら、誰かがもう鍵を開けてくれていました。
済みません、有難う御座いました。
最近は昼夜逆転気味になってしまい、ヤバイ状態?です。これから外に出て、お日様の光を浴びてきます。と、ここまで下書き。
栃の花って春日野部屋のお相撲さんみたいだね。そこでチェック、やっぱり居ましたよ、栃乃花というお相撲さんが。栃乃花コラム

続きを読む "こちらも満開・栃の花と栃乃花"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/06

酋長のデビュー

昨日、ブックオフで買った文庫の中にローレンス・ブロックの「砕かれた街」という本を今朝から読み始めた。ローレンス・ブロックは幾つかのシリーズを書いているが、俺が好きなのはマット・スカダーというアル中で(今ではもう飲んでいない)”もぐり”の”もぐり”って未登録のって意味だよ、探偵が活躍するシリーズだ。マット・スカダーはニューヨーク市警察の巡査だったんだが、強盗に出くわして発砲した。弾丸は跳躍弾となってヒスパニック系の女の子(9歳だったか)に当たって死なせてしまい、それは偶然の事故だったのだがマットはその事件以来、酒に頼るようになり、アル中になってしまうのさ。家庭も崩壊しちまって離婚、警察も辞めて安ホテル住まいの
”もぐり”の探偵で暮らしているって筋書きだよ。先日九代目を襲名したばかりの林家正蔵がこのシリーズが好きだと言っていた。「分ってるね林家」でも今朝から読み始めたのは初めて登場したものだ。舞台はニューヨークさ。ニューヨークは分り難いね、なにせ行った事がないから。地図を見てもピンと来ないんだよ。ニューヨークの地図かい?持っているよ、地図を見るのは好きなんだ。それに小説を読む時に必要なのさ。鬼平犯科帳だって、剣客商売だって、御宿かわせみだってマット・スカダーのシリーズだって地図を見ながら読んだら面白さが倍増するぜ、酋長が保障するよ。本当さ、やってみると良いよ。えっ、いつもの口調と違うって?そうだよ、これを書いているのはおっちゃんじゃぁないんだよ。今日は酋長が書いてるんだ。ニフティーのBlogはコースによって何人かのライターを招待できるんだ、「自分以外のライター」を招待できるんだよ。そこでおっちゃんも酋長にライターを割り当てたんだけど、正式に登録する事は出来なかったんだ。何故ってかい?同一人物じゃ駄目なんだってさ!おっちゃんと酋長とは元は一人の人間さ。でもかなり違うキャラクターなんだぜ。どう違うかは説明しないよ、そのうち分るからさ。今の時点では酋長の方が”素”の部分に近いね。おっちゃんだって別に氣詰まりなキャラクターじゃ無いよね。でも少しスクェアーなんだよ。酋長じゃなくて「愚図安」にしようかとも思ったんだけど止めておいたよ。確かに愚図なのさ、それは当人が一番よく知っている事だし、それでいつも悩んでいる。物事が上手く進められなくて本当に落ち込んじゃってる時もあるしね。「覇気があれば、あんた出世するよ」って、占い師に見て貰った時に言われたよ。覇気?生まれてくる時にお袋の腹の中に忘れて来たようだ。お袋は亡くなっちゃったし、取り返しに戻るわけにも行かないだろう?。そんな訳で今日が酋長のデビューだよ。何族の酋長かって?クッチャネ族さ。(さもなければ、ケシチャカキ族)
じゃぁ又お目にかかるよ!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005/05/05

毎度纏まりのない記事で…。

午後から1000円の床屋で髪を切ってきた。履歴書用の写真も撮らなくてはならないしね。髪も前回より濃い目の色で染めよう。今の色だって別に嫌いではないのだけれど、履歴書用の写真を撮るには少し明るすぎるような氣がするから。先日パンツの横が相次いで破れた。洗濯して干す時に氣が付いたのだが、横のスリットが深くなっていたのだ。すっかり悩殺タイプになっていた。いったい誰を悩殺するのか?(気色悪うー)。かれこれ5,6年とっかえひっかえ穿いていたから横の部分が破れてしまい、無事なパンツは2枚のみ。そこで以前妹にカタログを送ってきたセシールという通販会社が安かったのを思い出し、パソコンから登録してワイシャツと3枚組みのパンツを取り寄せた。カタログと少し色のイメージが違ったけど、この位なら構わない。欲しい物が他にもあったけど、今は最低限必要な物だけ買うようにした。電話アンケートに答えて、謝礼に貰った図書券を使い、ブックオフで文庫を5冊購入。図書券の場合はポイントは加算されないんだって(へぇー?)スーパーで柏餅を買った、味噌餡、粒餡、漉し餡、ヨモギの4種類が入っているパック。まず仏壇供えてから、余った一個を味見、味?チョッチュね。
明日は西から雨が降るようだし、少し家の中を(固唾家用)もとい、片付けようと思っている。
今日も読んでくれてありがとう! 感謝を込めて おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうなっているんだ!JR西日本

不祥事だらけのJR西日本、呆れ果てたその体質!完全に腐ってるね。あの大惨事を知りつつボウリング大会をキャンセルせずに挙行し2次会、3次会まで酒を飲んでいた呆れた奴ら。ボケ、カス、ドアホ!事故車両に乗っていながら救出活動もせずに出勤する奴も居れば、出勤せよと指示する上司!どうなっているんだ?どうなっているんだよーっ!手前ら腐ってるぜ!認識が甘すぎるし、企業としての責任感が全く欠如しているよ!言えば幾らでも文句が出て来るけれど、言ってる方も情けなくなって来るぜ。叩けば埃はまだまだ幾らでも出て来そうだな。
日本中が怒ってるんだぜ! むなしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/04

こんなもんでしょう

サッカーグラウンドの朝
2005
子供達が試合や練習に来る前に、水を撒いています。ベランダと網戸の掃除をしていたら、この光景が見えたので急いでデジカメを取って来て写しました。そのうち子供達がコーチや親に引率され、ガヤガヤと到着し、暫くすると試合が始まったようです。子供達の声をそろえた応援、コーチの叱咤などが聞こえて来ます。スライスしていないハムが食べたいな等と思いながら、ハムエッグを作り、ケチャップにしようか醤油にしようか迷い、結局醤油を掛けて食べました。
何故か笑い話を思い出した。
他所の家で食事を出された母子、分厚いハムステーキが出て来て、子供がお母さんに「おかあさん、このハム切れてないよー」お母さんは真っ赤になって「これが本当のハムなのよ」「切れてないハムなんかあるの?」「黙って食べなさい!」合点が行かない子供は「変なハム!」
テレビで寿司屋のシーン。握った寿司を客の前に置いて「へい、おまち」テレビを見ていた子供が「ここのお寿司、回ってないの?」「回っていないのが本当なのよ」「じゃぁ回っているのは嘘のお寿司屋さん?」
う~ん、難しい時代になったもんだ。

続きを読む "こんなもんでしょう"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/03

たった二言!?

飛んできた風船は
2005

爽やかな五月晴れの一日でしたね。昨日を振り返ってみたら、たった二言しか人と言葉を交わしていなかった。朝、下の階の人が来て、ゴールデンウィークで出掛けたいのだが、今週のゴミ集積所の鍵開け当番を代わって欲しいという事で、「良いですよ」。買物に行ってレジの女性が大根の値段を15円と打ち25円が正しい値段で10円追加で払った時「はい10円ね」この二言だけだ。朝は半分寝ていたので、本来なら「楽しんでいらっしゃい」くらいの事は言うべきなのに…、しかし昨日は記事にコメントを頂いて返事のコメントを書いたりしたので、会話をしたような氣になっていたのだ。今日は夕方になって小、中学校で一緒だった友人が子犬を連れて散歩に来た所に出会って、かなり話をした後に、そういえば昨日は会話らしい会話をしなかったなと氣が付いた次第。誰とも会話をしない日もあるが、さりとてレジの人や知らない人に進んで声を掛けるということも出来ない性格なのだ。分らない事があれば訊くけれど…、人見知りをする歳でもないと思うが今更性格は改まらないようだ。友人は信号のところで子犬に待てと注意したり、また褒めてやったりしているのを見て、少し羨ましかった。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/02

ネタが無い!→揚げ玉の話

一本25円の大根
2005

今日はネタがありません。メイデーの事を書こうかとも思ったのですが、1日過ぎてしまってタイムリーではないし、あれこれ考えてみたのだが、殆ど何もせずにいるので、記事に書くようなネタがありません。と…ここ迄は下書きでした。
さっき買物に行き、25円の大根を買いました。短いセコな大根です。葉っぱが付いていたので買ったのです。大根の葉っぱを塩でもんで(モンデールという副大統領がいましたよね)細かく刻んで七味をかけて熱々のご飯にかけて食べるのが好きなんです。大根おろしも作りましょう、シラスが有れば良いけれど残念ながら無いので、揚げ玉おろしにしてね。揚げ玉は便利です。大根おろし、味噌汁、納豆、麺類などに使います。天カスという言い方もしますが、あまりに情緒のない言い方だと思うのですが…。揚げ玉は昔、蕎麦屋のテーブルの上にどんぶりで出ていて自由に使って良かった物だと父が言っていました。かけそばをあつらえて(そばをあつらえる、乗り物をあつらえる等と言い、注文すること言うが、今では「あつらえる」なんて言い方はしませんね)揚げ玉を入れて食べていたようで、揚げ玉入りのタヌキそばは当時は無かったようです。後年揚げ玉入りのタヌキそば出てきた時には、揚げ玉に金を取るのかと文句がでたそうです。何を隠そう、私は冷やしタヌキそばが好物なのです。揚げ玉は今やスーパーマーケットで売っていますが、蕎麦屋や天ぷら屋でも安い値段で売っていますね。ネタが無いと言いながらちゃっかり揚げ玉をネタにしてしまった。おかずにする物が何も無い時には揚げ玉をそばつゆで煮て、ご飯にかけて食べたことも有りました。オイオイ!貧乏までネタにしてしまうなんて…。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/05/01

火事の記憶

JR西日本の大惨事の救出活動も終わり、犠牲者107人を出した詳細な原因は後日の発表を待たねばならないが、”人災”は間違いの無いところであろう。困難を極めた救出活動に当たられた方々に心からの感謝を捧げます。
今日、5月1日というと昔の火事を思い出す。あれはまだ16,7歳の頃のことだったか、祖母、母、妹と弟は外出中で、家には私と父だけが居て、ゴロゴロと寝転んでテレビを観ていたのかも知れない。何せ40年近く前の記憶なので、細かい所は思い出せない部分がある。外が何だか騒がしく、人がバタバタ走っているらしい。そのうち火事だ火事だの声!父と表へ出て見ると四軒先の家から煙と炎が噴出していた。三軒目と燃えている家の間には幅4m位の道路があったが、もし三軒目の家に燃え移ったら私達の家も燃えてしまうだろうと思われ、必死になって井戸端からバケツに水を汲み、燃えていない部分に掛けること数回。しかし古い木造の大きな二階家はあちこちから炎が噴き出し近付けなくなった。離れて見ていたが熱い風が竜巻のように舞い狂って、たちまちの内に全焼してしまった。道路があったお陰で延焼は免れたのだ。その古い二階家には四所帯が暮らしていたのだが火元の老人以外は無事だった。火事の原因は殆ど寝たきりに近い老人の寝煙草だったらしい。着ていた寝巻きに火が付き、燃えている寝巻きを着たまま走って逃げる老人が目撃されていた(殆ど寝たきりに近い老人がである)。老人はその後、火傷が原因で亡くなったそうだ。老人の家は男ばかりの三人暮らしで、私より一才上と一才下の兄弟が居て、近所の手伝いやお使い等をして僅かなお金を貰って暮らしていたらしかった、ただただ雨露を凌げるだけの暮らしぶりに見えた。そんな中で寝たきりの父親が煙草を吸う…、煙草は買った物とは限らないが…。その老人は母と同郷の人だったと母から聞いたが、紆余曲折の人生だったようだ。
火事は本当に怖い!思い出しても身震いがする。火の用心さしゃりましょう。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »