« 風の中の花見 | トップページ | 山本一力著「蒼龍」読了す »

2005/04/11

今日は冷たい雨が

今日の川柳のようなもの
「見る花と違う花粉の風の中」
昨日は風の中の花見になり、仲間は何度も水道で何度も目を洗ったと言い、私も目をこすりながら花の下を歩いた。今朝は予報どおり雨が降っている。東京では昨日が最後の花見だったのか。そして昨日は数ヶ月お世話になった股引とも別れを告げ、ステテコを穿いた。若い頃は股引なんぞ冗談じゃぁねえと思っていたが、工場で夜勤をするようになってから、寒い季節は股引を着用するようになった。四月まで股引を穿いていたのは今年が初めてである。昼前、銀行に振込みがあったので外出した。用事でもなければ雨の中、無精者は外出しないところだが、何か用事を見つけて歩くようにしなくては…、花粉を恐れてあまりウォーキングにも出られないのだから。駅で読売新聞を買うも、就職情報は殆ど載っていなかった。たぶん就職情報は本紙とは別なのだろう。あした販売店で今朝の新聞を分けてもらおう。先日ブックオフで買った105円の文庫本四冊も読んでしまい、活字中毒者としては禁断症状を起こしかねない状況であったが、新聞の広告に山本一力さんの「蒼龍」が文庫での発売を知らせていたので、失業者が新刊本でも有るまいと思ったが、文庫なので買ってしまった。山本一力さんは宇江佐真理さんと共に私が今もっとも好きな小説家だ。単行本の新刊は買えないが古書ならと思い、ブックオフに行くたびに棚を覗いているのである。しかしブックオフが好きなわけでもないのだ。何でいつも「いらっしゃいませ、こんにちはー」等と言っていなくてはならないのか不思議なのである。コンビに世代なら氣にもならないのかも知れないが、オヤジとしては氣になるし、とにかくウルサイのである。ただ本が安く買えるので行くだけの事なのだ。しかし安く買えるということは、売っても買い叩かれている事はすでに経験済みでもある。(タハハ)
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

|

« 風の中の花見 | トップページ | 山本一力著「蒼龍」読了す »

コメント

桜が満開と同時に雨や風が一斉にやってきますね。
花粉は未だに大量で涙流して自転車乗ってます。
今朝、NHK教育で山本一力さんが池波正太郎のお話してました。
母の思い出と重ねて語るところは、朝からしんみり、そして清々しい気持ち。
今日も昼前から雨が降りますが、花粉を吹き飛ばしてくれるよう願ってます。

投稿: lagopus55 | 2005/04/12 06:36

lagopus55さん お早う御座います。
朝起きてまずくしゃみから始まり、
毎日涙を拭き拭き暮らしています。
NHKの番組は知りませんでした。残念!
山本一力さんはとても様子の良い人ですよね。
ダンディーです。池波正太郎さんもダンディーでしたよね。山本一力さんの小説を読み終えた後は、
なぜか清清しい気分になります。読んでよかったなーと思えるのです。山本一力さんとはまさに同世代、これからも質の良い時代小説を書いて貰いたいですね。

投稿: 高木のおっちゃん | 2005/04/12 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/3659259

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は冷たい雨が:

« 風の中の花見 | トップページ | 山本一力著「蒼龍」読了す »