« 新聞のモニタ- | トップページ | この木何の木、氣になる木 »

2005/04/29

団地の花壇に咲いた花 卯月

団地の花壇の咲いた花
__2005
まるで夏のような陽気で花壇の花を撮っていると汗ばむ位の暑さである。何と言う名の花なのか植物オンチの私には分らないが、風情の良い花である。今日も強い陽射しの中、花壇の手入れをしているのは、お隣のMさんだ。雑草を取ったり、肥料を施したりして手入れをしてくれている。私はただ眺めて綺麗に咲いたなとか、可愛い花だな等と感心していて、時々それらの花の写真を撮って、ネタにしている無精者なのである。練馬駅北口の平成つつじ公園では、つつじ祭りが行われているとの事で、踊りでも踊っているのであろうか、民謡が風に乗って聴こえて来た。

牡丹?芍薬?
__2005
よその家の敷地内に咲いている花を勝手に撮った。少し盛りは過ぎたのであろうか、少々花がくたびれて来ているようだが、婀娜っぽい大輪の花である。

お昼寝中の猫さん
__2005
熟睡中?多少の物音では目覚める気配もない。

オークションに出品するべくギターを修理したり、ギターの写真を撮ったりしている。本やCDも出品しよう。今まで買ってばかりいたのが、今度は売る側に回るのだ。売れたら嬉しいだろうな。しかし単価が小さいから……。何もせずに「クッチャネ族の酋長」を決め込む訳にも行かないし、出品物が売れて励みになって来れば生活も活気が出てくるだろうし小こまめにやってみよう。
ポッカレモンが有ったので、500mlのペットボトルに少し入れ、黒砂糖を大匙一杯、水を足して冷蔵庫で冷やして飲んだら、それなりの味がするものだね、まあまあ飲めますよ。段々セコクなってきたけど、楽しんでしまおう。
99ショップで買った十穀米ごはんに玉子、ジャコ、ネギを入れて「あみ印の炒飯の素」を使い炒飯にしてみた。炒飯にはやはり普通のご飯の方が合っている様だし、いろどりも余り感心しなかった。でも不味くはなかったよ。
久し振りに香をたいてみた、京都松榮堂の「芳輪」という長さ7cmの線香だが「二条」と一緒に買って置いて、最近は本の下になっていたので忘れていたのだ。香を炊くと気分が落ち着くので良いですよ。お試しあれ!
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

|

« 新聞のモニタ- | トップページ | この木何の木、氣になる木 »

コメント

高木のおっちゃん こんばんは
今日も暑かったですね。
花の名前ですが上のは「シラー」というユリ科の植物で、
下のは多分「ボタン」だと思います。

投稿: ふにゅ | 2005/04/30 18:18

ふにゅさん こんばんは。
昨日に続いて夏のような陽気でしたね。
以前に比べて最近では植物が好きになって来て
興味も湧いてきましたが、名前が分らない物が多いです。「シラー」と「ぼたん」ですか?
ありがとうございます。
保存した写真にも教えて頂いた名前を付けて、
四月の花で保存して置きます。

投稿: 高木のおっちゃん | 2005/04/30 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/3906615

この記事へのトラックバック一覧です: 団地の花壇に咲いた花 卯月:

« 新聞のモニタ- | トップページ | この木何の木、氣になる木 »