« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

この木何の木、氣になる木

__2005

今日も暑かったですね。地下鉄大江戸線は冷房が入りました。私は冷房が入って嬉しかったが、年配のご婦人は寒いとご亭主に訴え、ご亭主は座席の下に手をかざして、風は出ていないと言ってましたが、冷風は天井からですよ。JR西日本の大惨事からはじめて電車に乗ったのですが、どことなく安心していない自分がいました。もし電車が駅でオーバーランしたら、今ならその電車からすぐ降りるでしょうね。電車に乗って新宿まで出来上がったスーツを受け取りに行ってきたのです。生地を見た時にはそれほど地味にも見えなかったのですが、スーツに出来上がったら、想像していたよりかなり地味な色でした。面接用だからこれで良いのでしょうが、何だか爺むさい感じです。連休中に履歴書用の写真を写真館で写そうと思っています。三脚を立てて自分で写そうかとも思ったのですが、プロに頼んだ方が良さそうです。それをスキャナでコピーして置く事にします。こうすれば後は焼き増しにお金は掛からないから。

※昨日の記事に間違いがありましたので訂正します。香の名前を芳輪と書きましたが、正しくは元禄です。お詫びして訂正いたします。(アナウンサーのお詫びみたいだね)
私的には元禄より二条の方が好きな香りです。
これから又、オークション出品用の写真撮りです。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/04/29

団地の花壇に咲いた花 卯月

団地の花壇の咲いた花
__2005
まるで夏のような陽気で花壇の花を撮っていると汗ばむ位の暑さである。何と言う名の花なのか植物オンチの私には分らないが、風情の良い花である。今日も強い陽射しの中、花壇の手入れをしているのは、お隣のMさんだ。雑草を取ったり、肥料を施したりして手入れをしてくれている。私はただ眺めて綺麗に咲いたなとか、可愛い花だな等と感心していて、時々それらの花の写真を撮って、ネタにしている無精者なのである。練馬駅北口の平成つつじ公園では、つつじ祭りが行われているとの事で、踊りでも踊っているのであろうか、民謡が風に乗って聴こえて来た。

続きを読む "団地の花壇に咲いた花 卯月"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/28

新聞のモニタ-

昨夜、新聞の紙面について二回目のアンケート調査の電話があった。前回一回だけかなと思っていたが続いていたようだ。前回のアンケートに答えてから数日後500円の図書券が送られて来た事はBlogにも書いたと思う。また、500円の図書券が送られてくるのだな。収入のない活字中毒者に取っては500円とはいえ有り難いね。掃除をしていたら半袖で露出していた腕にホコリが付いてしまったようで、たちまちカブレて、クラゲに刺された様なミミズ腫れの軽いような症状になってしまった。すぐ痒み止めを塗り、ジンマシンの薬を飲んで、何とか痒みが治まった。ご推察のとおりのハウスダストアレルギーです。暑くなっても掃除する時は長袖を着てしなくてはならない。今日は天気が良く暑いくらいで掃除していたら汗が出て来た。すっかり夏のような気温だったが、風が強くて花の写真を撮りに行くのは中止にした。世間では明日からゴールデンウィークですね。みなさん、楽しい休日を過ごして下さい。なんとも取り留のない記事になってしまいました。(いつもの事じゃん)
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/27

花ひらく

藤の花ひらく
2005
穏やかに晴れて、暖かい春の日差しの降るなか、裏の小さな公園の藤の花が開いていた。ここの藤は樹齢も若いのであろう、房がまだ短い。以前見物に行った亀戸天神の藤は見事だったが、あのように見事に長い房になるにはどれ程の年月が必要なのだろうか?

栃の木の花
2005
この家に移って来て3年以上経つが、栃の木の花は初めて見た。その間見てはいたのかも知れないが、記憶として残っていないのである。この3年間はバタバタしながら暮らしていたからだな。栃の木の花は素朴な花である。まるで化粧気のない「すっぴん」のようで、可憐な感じのする花である。

今日もヤフオクに出品用の写真撮影をした。家に居ながらビジネスが出来たら一番良いのであろうが、コンスタントには稼ぐのは難しそうなので、生活基盤は会社に勤めて収入を確保して、小遣いくらいはヤフオクで作りたいと思っている。 
JR西日本、尼崎の大惨事では、死者が100人を超す恐れが出てきた!一階部分にめり込んだ電車を引きずり出しても、あのマンションは倒壊せずに建って居られるのであろうか?
常磐線でも事故があり、トレーラーの運転手の酒気帯びが原因だったとか!なぜ?なぜ運転が仕事なのに酒を飲むのだ?どうにもその気持ちが私には理解できない。酒気帯び、飲酒運転などは厳罰にして欲しい。鉄道会社も運送会社も安全を最優先せよ!
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/26

橘高薫風さん追悼

橘高薫風川柳句集
2005
一昨日より「橘高薫風川柳句集」を読んでいた。お名前は存じていて句集も入手し読んでいた矢先に今日の朝刊に氏の訃報が掲載されていた。
その訃報に曰く、
橘高薫風さん(きつたか・くんぷう=川柳塔社名誉主幹、全日本川柳協会常務理事、本名薫=かおる)24日、呼吸不全で死亡、78歳。麻生路郎に師事。80年から05年2月まで朝日新聞大阪版「朝日なにわ柳壇」の選者を務めた。

「カナリヤもいてアパートの新所帯」乱れ髪より
「産声のはっしはっしと聞こえける」檸檬より
「眼鏡屋は鰯雲ほど並べたり」肉眼より
「海鳴りへ標本室の貝の耳」愛染より
「風神の袋から出た春の風」花径より
これは極々一部に過ぎないが、橘高氏の句を挙げてみた。

お名前を知ったのは田辺聖子氏の「道頓堀の雨に別れていらいなり」を10年ほど前、入院中にOさんが差し入れてくれ、その中に橘高薫風氏のお名前と句があった。田辺聖子氏の「道頓堀の雨に別れていらいなり」は私へ川柳に親しむきっかけを与えてくれた本である。私が子供の頃、父もよく狂句などを口にしていたが余りに馬鹿馬鹿しい句であったため狂句には馴染めなかったが、川柳にはその後、岩波の俳風柳樽などを読むうち面白くなり出して、自分でも駄句をひねるようになったのであるが、「道頓堀の雨に別れていらいなり」は私と川柳を決定的に結び付けてくれたのである。

続きを読む "橘高薫風さん追悼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/25

この一曲、この一枚

久しく更新しなかった「この一曲、この一枚」を更新しましたので、ご覧 ください。いずれも私がお勧めする「この一曲、この一枚」です。今回は音楽だけでなく落語も取り上げました。きっと(たぶん)お楽しみ頂けると思います。

多謝、多謝、再見!by takagi no occhan

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラディッシュとレモン・大惨事

農家直売のラディッシュとおまけのレモン
2005

昼前、読売新聞の販売所で新聞を買い、隣にある農家の野菜直売所にラディッシュが並んでいたから見ると一束100円、大きなキャベツも200円だったので購入したら、野菜直売所のおばさんがおまけにレモンを二つくれた。おまけを貰うのって妙に嬉しいよね。このレモンはラディッシュを食べる時のドレッシングに使おう。オリーブオイルとレモン、塩、胡椒だけのシンプルなドレッシングで。昨夜は頂いた新タマネギ、じゃが芋、ニンジン、絹さやを煮て食べたら美味しかった。じゃが芋が煮崩れたので、次回は炒めてから煮る事にしよう。

テレビで知ったのだが尼崎では酷い電車の事故が発生した。
殆どのチャンネルで番組を変更してこの大惨事を放送していて、
16時15分現在で死者49人、負傷者239人だ。こんなに大きな鉄道事故は近年なかったが、大惨事になってしまった。亡くなられた方のご冥福と負傷された方々の一日も早いご回復を切にお祈り致します。
この大惨事の原因を調査して、二度とこのような事故が起こらぬよう厳重な対策をして欲しいものである。それにしても何という事だろうか!
※その後テレビを観ていたら何度も大きな鉄道事故は起きていた。(私の記憶が間違っていた)と言う事は、それらの事故は教訓として活かされていなかった!自分に限ってとか、我が支社に限って等は慢心なのだ。誰もが只の人間でスーパーマンではないことを肝に銘じて欲しい!!

続きを読む "ラディッシュとレモン・大惨事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

練馬・平成つつじ公園

満開のつつじ公園
2005
朝、父のお世話になっている施設に電話をかけ、何時頃父達がつつじを見に来るのか問い合わせると午後1時頃施設を出発するとの事。
私は1時前に平成つつじ公園に着き、見事に咲いたつつじを撮影し、暫く待っていたら見覚えのある施設のマイクロバスが2台、地下の駐車場に入って行き、エレベーターで上がってくるであろう所に待っていたら、看護士さんが車椅子を押してエレベータから出てきた。しかしその一団に父は入っていなかったので、顔見知りの看護士さんに聞くと父は第2便で来るというので、近くのベンチに座って待っていると、ロープで立ち入り禁止にしてある所に老婦人が入って行き、小学4,5年生くらいの女の子に「そこは入ったらいけないんだよ」と注意されたにも拘らず、ずんずん入り込んで向こう側に出た。つつじの花の中で写真を撮りたいおばさん2人が柵を越えて花壇の中に入り交互に写真を撮り、それを見ていたほかの2人組のおばさんも柵の中に入って行く。ホント最低だよ!注意した子供も公共心の欠如した馬鹿な大人を見てがっかりしただろうな。

続きを読む "練馬・平成つつじ公園"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

光が丘公園にて

週末の光が丘公園
2005
洗濯をしテレビで途中下車の旅を観た後、久し振りに光が丘公園に行ってみた。プールのある体育館の周りは今つつじが真っ盛りだ。去年の10月から水泳教室に通っていた頃はケヤキの落ち葉と枯れた芝で色あせて見えたのに、ケヤキの緑とツツジの赤とピンクと薄紫とで目に鮮やかだ。体育館前ではローラースケートに興じる親子がいたり、水辺では裸足になって浅い流れの中を歩き回る子供がいた。

続きを読む "光が丘公園にて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/22

今日はチョッと八つ当たり?

嵐のような強い風でしたね。徒歩で買物に行こうと外に出たら、たちまち目が痒くなり、引き返す羽目になった。昨日、上の階に住む方から、新玉ねぎを頂いた(有難う御座います)ので、馬鈴薯を買いに行こうと思ったのだ。サングラスをしスクーターで行くことにした。スクーターで走っていても目が痒い。と言って走りながら目をこする訳にも行かず、実に鬱陶しい限りだ。目白通りの区役所近くにあるスーパーマーケット(近隣では一番安い店か)で馬鈴薯、ニンジン、特売の調味料等を買いスクーターを停めた所に戻ると強風で自転車が2台スクーターに倒れ掛かっていて、スクーターのボディーに更に傷が出来てしまった。(風の馬鹿野郎!)馬鹿や朗?そんな変換があるか!馬鹿や朗!。
スーパーマーケットに置いてある就職情報誌を持ってきたのを昼食後じっくり読むも応募できそうな仕事は無かった。あの手の雑誌は主に若い人向けではあるが、毎週新しく出るので必ずチェックしてはいるのだが…。昨夜はハローワークの求職情報をインターネットで見たが、やはり相変わらず自分に適していそうな条件の募集は今の所無いようだ。

続きを読む "今日はチョッと八つ当たり?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/21

気持ちよく晴れて

雨も上がり気持ちよく晴れて、洗濯日和でしたね。南北の窓を開けて家の中に風を通すと、気持ちの良い風が吹き抜けました。久し振りに徒歩で買物に行き、ぶらぶらと歩いて来ると、練馬駅北口の平成つつじ公園は今がつつじの真っ盛りです。しかし今日は何故か駅周辺に警察官の姿が多かった。事件でも有ったのかな。夕方近くなって風が強くなりタチマチ目が涙目になりました。杉の次はヒノキの花粉だそうで、こう次から次に花粉が飛ぶのでは花粉症は堪りませんね。八重桜、チューリップ、すみれ、しばざくら、つつじなど街にも沢山の花が咲いていて、花を見ながら歩いて、汗をかいて大分気分が良くなりました。明日もまたデジカメを持って歩いてみよう。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/20

雨の日は静かです。

とうとう雨が降り出しましたね。午前中に少し用事をして、午後はずーっと本を読んでいました。ちょっと肌寒い氣がします。今日の雨を見越してお惣菜を買って置いたので、今日は買物に行かなくても大丈夫です。雨が肌に触れると痒くなるので、雨は苦手なんです。でもね、雨が降ると静かなんですよ。隣の練馬総合運動場にはスポーツをする人達もいないし、いつもより静かになるんです。そんな日には本でも読む他する事が無いのです。どうも不活発ですね。
そろそろ本もネットオークションに出す準備をしなくては。手間は掛かるけどブックオフに売るより高く売れるでしょうから。先日父と話しをした時に言っていましたが、今度の日曜日に父達が平成つつじ公園(家から近い)につつじを見に来る予定だとか、施設に電話して時間を聞いて写真を撮ってやろうと思っています。父だけではなく一緒に入所している人達もね。喜んで貰えたら良いですね。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/19

カラフル

カラフル(春の色合い)
2005
上に一本の木から二色の花をつけた桜、下は山吹ででしょうか。カラフルで春らしい色合いですね。
昨日花を買って帰る途中で見て、写真に撮って置こうと思いました。ここはいつも猫さんと遊んでいる駐車場の近くです。


昨夜は薬を飲んで寝たので夢を見ることもなく、朝までぐっすり眠れました。起きた時は薬のせいで少しぼんやりしていますが、普段でもぼんやりしているから、それほど変わりはないですね。昨日は母のことを思い出して、少し落ち込んでしまい「泣き虫ヤス兵衛」に戻ってしまいました。でも今日からはもう嘆くのは止めにします。亡くなった人の分まで生きて行くことにします。身体を使う仕事は?ですが、出来る所からやってみましょう。ブックオフに電話して図書券が使えることを確かめて古書を買いに行った。平岩弓枝の「御宿かわせみ」のシリーズ2冊と隼新八郎のシリーズ1冊、「強く願えば奇跡は起こる!」B・ゴールドマン/清水榮一(訳)の4冊を図書券に現金を足して買った。表紙に、必ず「いい明日」がくる!と書いてある。そんなに良くなくてもいいんです、普通の明日で。
普通より良い方がやっぱり良いね。どうも欲がないのが問題だ。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/18

親父は元気だったよ。

ティッシュの差し入れを持って、父に面会に行ってきました。風呂の時間になった為、ゆっくり話は出来なかったけど父は元気でした。帰りに墓参りに行き、親父は元気だったよと母に報告してきました。仏壇にも花と草餅と苺を供えました。母は苺が好物だったから。祖母もそうだったけど母も好き嫌いを言わない人だった。見習わなければいけないね。母さん、母さんが亡くなった夜から一年経ってしまいましたね。病院の回りは桜が綺麗で、何とかあの桜を見せて上げたかったけど、叶いませんでしたね。まさか静脈に血栓が出来て、足が壊死するなんて!小さい身体に苦痛は充分過ぎるほど味わってきたのに、神も仏も無いのかと悔しい思いをしました。私は最後の時まで手を握っていることしか出来なかった。亡くなったのは夜中を過ぎていたので、病院の霊安室で朝まで過ごしましたね。物心が付いてから初めて母さんと二人だけの時間でしたね。霊安室で一緒に死のうかと思い、打消し、また思い、多分父が居なかったら私はあの時、母と一緒に死んだだろうと思う。春とはいえ霊安室はとても寒かった。
本当にこの一年間は長かったです。でも水泳教室やパソコンスクールに行けるようになって良かった。最近また少し落ち込んでいます。眠りも浅く夢ばかり見ています。懐かしい夢も見るけど、それでも辛い夢だね。落ち着くまでまた薬を飲むようにしよう。
あの時死にそびれてしまったから、生きて行くことにしたのだから、何とか頑張って生きて行きますよ。母さん、泣き虫でごめん。
みなさんに良くして貰って生きているから安心して下さいね。
もうしばらく見守ってください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/04/17

首を寝違えた

今日の川柳のようなもの
「鏡見る身体は斜めを向いている」
「湿布薬貼るにも困る独り者」
朝起きたら、首が痛くて回せない状態だった。寝違えてしまったらしい。それでもスクーターに乗って読売新聞を買いに行った。ヘルメットを冠る時は首が痛かった。まっすぐ前を向いている状態ではないが、日曜の朝で車があまり通っていなかったから良かった。首から肩に湿布薬を貼り、アイスノンをしてベッドで横になったら眠ってしまい夢を見た。夢には父と弟が出て来た。明日は父の顔を見に行き、墓参りにも行こう。明後日は母の一周忌だ。法事は3月に弟の三回忌に合わせて済ませたが、命日は四月十九日だ。この一年間は非常に長かったような気がする。母には口が利けなくなっても、私が息子である事が分らなくても、生きていて欲しかった。会社帰りに母を見舞うのが唯一の生甲斐だったのだから。母の顔を見て、時には食事の介助をし、食べてくれた時は嬉しかったな。洗濯物を持ち帰り、それをまた届ける。それが私の生甲斐だったのだ。しかし母が亡くなり私は何もかも取り上げられてしまった氣がした。会社に出勤出来なくても母の所にだけは行けた。母が居なくなり私は虚脱してしまったのだ。会社にも出勤できない日が続き、雇用契約は打ち切られ仕事を失った。これからも色々な事が起こるだろう。しかし妹や弟の分まで生きて行かなければならない。夕方になってやっと少し首が動くようになって来た。今週前半は天気が良いそうだから、動かなくては身体も心も沈殿が出来そうだ。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/16

題の付けようがない記事

これといったトピックスのない日だ。普通の生活っていうのかな。
今のところ雨は降り出していない、夕方まで天気がもって良かったね。昨日入れた歯の点検で歯医者さんに行ってきた。別に当たる箇所もなく具合は良い、ただ慣れないので少し違和感があるだけだ。煎餅に負けて割れてしまった歯は25日に仮付けから本付けになるそうだ。スクーターのオイル漏れが直ったら、自転車のチューブ交換を忘れていた。やはりやらなければならない事は、書き出して貼って置かなくては忘れることが多くなった。先日の電話による朝日新聞のアンケートの謝礼が送られてきた。500円分の図書券である。少し足せば文庫が買えるね。パソコンスクールを終了したら体重が増えてしまった。また毎日グラフに体重を書き込んで気を付けなければならないようだ。頭も身体も殆ど使わないで食って寝ているだけみたいな生活だから、そりゃ太りますがな!手下は一人もいないけど、クッチャネ族の酋長だ。クッチャネ族の反乱?なんて小説は・・・なかったよね。なければお前が書けって?
そんな風に人をそそのかしちゃいけませんぜ旦那!
でもクッチャネ族の酋長とバカボンのパパとどっちが偉いかな?
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/15

歯が入ったけど

今日の川柳のようなもの
「煎餅の固さ氣になる歳になり」
のっけから情けない句だね。入れてからさほど経っていない歯が固い煎餅を食べたら割れてしまい、今日仮留めで新しい歯が入り、右上の奥歯も歯が入ったのだが、左右の歯にブリッジさせていて上あごに樹脂が触れているタイプで慣れないせいか上あごが氣になる。取り外しの出来る入れ歯って何だか年寄りじみているよね。寝る時はやはり外した方が良いのかな?寝ているうちに外れて飲み込んでしまったらしゃれにならないものね。明日は入れた歯の具合を確認するとの事で予約してきた。ところでそろそろ履歴書の用意をして置こう。一枚一枚書くのも結構しんどいけど、今後の生活が掛かっているからね。字も上手いわけではないので、出来ればパソコンで作った物で勘弁して欲しい所だ。せっかく授業で作ったのだし…、B4サイズのプリンターが無いから同じ事か。少しずつでも用意して行こう。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/14

エンジンオイルホースの亀裂

スクーターのオイル漏れの修理に来てもらった。私がスクーターを買った店の人が今バイクの出張修理をしていて、このBlogにも時々コメントをくれる「かにさん」がBlogに書いたスクーターのオイル漏れの記事を目にして、連絡を付けてくれたのだが、屋根が無い場所に置いている為、天候が悪かったので天候が良くなるまで私が日延べしていたのだ。オイル漏れの原因はエンジン付近でオイルホースが経年劣化のため亀裂を生じたのだ。先日満タンにしたオイルが今日は殆ど空になっていた。そこはさすがプロである。手早くオイルホースを交換してしまった。これで暫くは安心だ。このスクーターを買った時は、1年程したら中型の免許を取得し、中型のバイクを買う積りでいたのだが、予期せぬ事が次々に起こり、未だに夢のままである。夢なら実現が可能だから、きっといつの日か叶えられる日も来るだろう。(自分の頑張り次第でね)70歳近いと思われる老夫婦がサイドカーに奥さんを乗せて走っていたのを見た時、こんな具合に歳を取れたら良いだろうなと思った。これもまた夢のままである。叶えなければならない夢が幾つも有る。頑張らなくてはならない。若い人に可能性は無限だと言ってきたが、中年のオヤジにだって可能性はある!だから出来る事からやって行こうと思う。
今日も読んでくれてありがとう     おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/13

パパと呼ばれる覚えは…無い。

ジンマシンの薬を飲んでから身体の痒みは無くなった。痒いのは本当に不愉快で、痛い方がまだマシでだ。しばらく出ないからと忘れていると表れたりする。夜中に発症したら間に合わないから、錠剤の残りが少なくなったら忘れずに買って置こう。一日中家に居ると新聞の勧誘、置き薬のセールスマン、宗教の勧誘、etc.etc。声を聞いたとたん何も言わずに切れる電話、時々掛かってくる年寄りの間違い電話(必要な所は登録しておくようにアドバイスしたのだが、未だに登録出来ないでいるようだ)間違いですと言うと丁寧に侘びを言い電話を切るが、一ヶ月に一度位は間違い電話をかけて来る。今度番号登録に伺いましょうか、と聞いてみようかな。来てくれと言われたら勿論行きます。時給0円でね。先日留守電に残っていたメッセージにはチョッとギクリとした。再生したらいきなり若い女性の声で「パパ電話に出てちょうだいっ!パパーっ!電話に出てー、お願いっ!」パパと呼ばれるような覚えは無いのだが…。
ドアチャイムが何度も鳴るので覗きレンズから見たら、向こうの男(新聞勧誘員)もレンズを覗いていたので、いきなり目玉が見えてビックリした。ドアには勧誘、セールスお断りのシールが張って有っても、一向に頓着無しでチャイムを鳴らすのだ。一々シールや断り文句にひるんでいたら勧誘やセールスが出来るかって背中を叩かれて回って来るのだろうと思うが、ちょっと腹立たしい。女性は文句も言い難いだろうし、困るだろうな。いくら時間があっても私の時間だ、そんな事で時間を取られたくない。これでも時給は高いのだ(嘘です。昔は高かったが、今は…殆ど0円だ)先日、新聞社の電話アンケートに協力した(500円分の図書券欲しさに)質問されてつくづく新聞をよく読んではいない事が分った。目が外に向いていないようだ。面接で経済のことなど質問されたらアウトだね。反省、反省。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/12

JoshuaとGrant

Grant Green
[Feelin' The Spirit]
File0005
先日「新愛聴盤登場」の記事でご紹介したギタリストのJoshua Breakstoneですが、その記事で第一印象としてGrant GreenのFeelin' The Spiritに似ていると書きましたが、Joshia breakstoneはなんとRemenbering Grant Green というアルバムを出していたのです。ギターの入ったスモールコンボとしては、ピアノ、ギター、ベースの初期のピアノトリオの形態がありますが、ピアノの変わりにハモンドオルガンが入り、ベースラインをオルガン奏者のフットペダルに任せて、ベーシストを入れずに、ドラムを入れた形もあります。オルガンという楽器の持つ特性として、ピアノよりEarthyな感じで、より直截的なゴスペルやリズム&ブルースのような感じがします。ピアノ、ギター、ベースの初期のピアノトリオはどこか小粋な感じでサロン的、ギターの変わりにドラムスが入りビートが強調され、スピード感が出てきて、このスタイルが多くなり、いまやこのスタイルがスタンダードなようです。何はともあれ、ぜひこのJoshua breakstoneのRemenbering Grant Green というアルバムを聴いてみたいものです。
と、ここまでは4/2の下書きです。

続きを読む "JoshuaとGrant"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本一力著「蒼龍」読了す

山本一力著「蒼龍」
souryuu

今週に入ってから身体に痒みを感じている。背中、脇腹、頭などに痒みが生じる。痒み止めを塗って一時的には効くのだが時間が経つと又痒くなる。皮膚がかさかさで潤いが無い状態、つまり年寄りの皮膚のようなのだ。保湿クリームなどを使用すれば良いのだろうか。以前にも時々起こり市販のジンマシンの飲み薬で治るのであるが、薬を飲んでしまったあと補充していなかった。仕方なく今日小雨の中、薬屋に行き買ってきた。昼食後薬を服用し大分楽になってきた。又身体のバランスが崩れて来たのだろうか?カルシウムが不足しているのかも。マルチビタミン、ビタミンC、カルシウムは毎日飲んでいたのだが、ここ暫くは止めていたのが悪かったかな。外に出たらたちまち目が痒くなるし咳が出た。花粉の時期が早く終わると良いのだが。
閑話休題。
昨日買った山本一力さんの「蒼龍」を読了した。爽やかな読了感である。生きるとは、家族とは、様々な事を考えさせられる作品群で、厳しい世の中を力一杯生きようとしている人々がどの作品にも描かれている。山本一力さんの小説には殆ど切った張ったがない。市井に生きる庶民を描いた作品が多いからだろう。読者が身の丈になぞらえる事が出来るのがいいのだ。時代や生活環境が変わっても生きることに付いて回る喜びや苦労には違いがなく、どこにでもある人の暮しが丁寧に描かれている。これが今、山本一力さんが支持される所なのだろう。かつての藤沢周平、池波正太郎や山本周五郎の作品のように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/11

今日は冷たい雨が

今日の川柳のようなもの
「見る花と違う花粉の風の中」
昨日は風の中の花見になり、仲間は何度も水道で何度も目を洗ったと言い、私も目をこすりながら花の下を歩いた。今朝は予報どおり雨が降っている。東京では昨日が最後の花見だったのか。そして昨日は数ヶ月お世話になった股引とも別れを告げ、ステテコを穿いた。若い頃は股引なんぞ冗談じゃぁねえと思っていたが、工場で夜勤をするようになってから、寒い季節は股引を着用するようになった。四月まで股引を穿いていたのは今年が初めてである。昼前、銀行に振込みがあったので外出した。用事でもなければ雨の中、無精者は外出しないところだが、何か用事を見つけて歩くようにしなくては…、花粉を恐れてあまりウォーキングにも出られないのだから。駅で読売新聞を買うも、就職情報は殆ど載っていなかった。たぶん就職情報は本紙とは別なのだろう。あした販売店で今朝の新聞を分けてもらおう。先日ブックオフで買った105円の文庫本四冊も読んでしまい、活字中毒者としては禁断症状を起こしかねない状況であったが、新聞の広告に山本一力さんの「蒼龍」が文庫での発売を知らせていたので、失業者が新刊本でも有るまいと思ったが、文庫なので買ってしまった。山本一力さんは宇江佐真理さんと共に私が今もっとも好きな小説家だ。単行本の新刊は買えないが古書ならと思い、ブックオフに行くたびに棚を覗いているのである。しかしブックオフが好きなわけでもないのだ。何でいつも「いらっしゃいませ、こんにちはー」等と言っていなくてはならないのか不思議なのである。コンビに世代なら氣にもならないのかも知れないが、オヤジとしては氣になるし、とにかくウルサイのである。ただ本が安く買えるので行くだけの事なのだ。しかし安く買えるということは、売っても買い叩かれている事はすでに経験済みでもある。(タハハ)
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/10

風の中の花見

石神井公園ボート池畔の桜
2005


モルモットも花見に参加
2005
今日はパソコンスクールの仲間、総勢7名で石神井公園に花見に行きました。駅から公園に行く道は、花見客が弁当や飲み物を持ってぞろぞろ歩いてゆきます。ボート乗り場で一人と合流し、池の南側を回って先日下見しておいたステージの有るところへ来ると、沖縄の音楽が聴こえて来ました。ステージに近い所はすでに先客があり私達は少し傾斜はしていましたが、ここにブルーシートを広げてさっそく乾杯です。ステージでは次々に演奏があり、花あり、音楽ありの格好の場所でした。沖縄の音楽だけでなく、フラダンスやカッポレまで飛び出しました。
私も抱かせてもらいましたがモルモットは大人しく、可愛いかった。また会おうねミルキーちゃん。

続きを読む "風の中の花見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/09

足癖が良くない

今朝方、寒くて目が覚めた。毛布は壁際に固まっているし掛け布団がベッドから落ちていた。年に数回こんな事があり、布団を落とした時は大抵風邪を引いてしまう。足癖が良くないのだ。今朝もそんな感じで、朝食後、風邪薬を飲み再びベッドへ。昼前に起きたら頭痛は去っていた。これで明日はすっきりと花見に行けるぞ。ブルーシートや固定用のペグもデイパックに入れたし、準備万端だ。天気もどうやら保つようだし、春を楽しんで来よう。ベッドに布団落下防止柵を付けないとならないようだ。それとも寝袋で寝るか?次々にやることが出てくるなー。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/08

願わくは

「願わくは花の下にて我死なんその如月の望月の頃」有名な西行法師の歌です。旧暦如月の満月の頃は今の四月の初旬に当たるのでしょうか。西行法師は望どおり桜の頃に世を去っています。桜は不思議な感じの花ですよね。花の一輪一輪は小さな物ですが、枝一面に咲くと見栄えもし、力強さもあり、それでいて、またそこはかとない…ものの哀れも感じるのですよね。花と一言いった時には桜をさすと言うのはご承知の通りですが、日本人には何とも関係深い桜です。山一面の新緑の中の一本の山桜、例えようも無い景色です。(観たい!)

続きを読む "願わくは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

桜餅

練馬「甘泉庵入舟」の桜餅
2005
5月の陽気とかで馬鹿に暖かく南風?も吹き、桜も一気に開花して満開になってしまった。何だか計算が狂っちゃうよなぁ。昨夜は途中で何度か目が覚めた。その勢か朝食後も眠くてならず、ベッドに入ったら昼過ぎまで寝てしまった。五穀米と発芽玄米のご飯(レンジでチン)の買い置きが無くなっていたので99ショップへ買いだしに行く。スクーターのオイル漏れも直したいのだが…。テレビを観ていて桜餅のことを思い出し、千川通りの和菓子屋さんに買いに行って来た。それが写真の桜餅である。桜の葉が2枚使ってある。餅は道明寺、餡は漉し餡で3個入りのパックを買い、撮影後2個は仏壇に供え、1個はお相伴にあずかる。道明寺でない方が良かったかな。

続きを読む "桜餅"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/06

満開はもう少し先ですね

裏の川(石神井川)の桜
(写真をクリックするとフルサイズで見られます)
2005.04.06 006
今日の川柳のようなもの
「草木にも個体差のあり面白し」

昨日は久し振りに気分良く歩き、良く眠れた。今朝は発芽玄米ごはんでビピンバ+キムチ、ワカメスープと韓国風。午後は裏の川(石神井川)に桜の写真を撮りに行った。木によって花の咲き方が違うのですね。満開までにはあと3,4日かかりそうです。ここでパソコンスクール仲間のHさんに偶然会い、花見の話をしました。今日撮った写真もあまり満足の行く物は有りませんでした。去年プリントして父に渡した写真は満開の時に撮ったものだったせいか、まずまずでした。今年も喜んでもらえる写真が撮れればと思っていますが、難しいですね。私のデジカメ、ピントが合わせ難いのです。目が悪くなったのもかなり響いています。流石に今日は眼鏡を持って行きました。

続きを読む "満開はもう少し先ですね"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お花見は日曜日に決定!

三宝寺池畔の桜
2005.04.05 013
「高木のおっちゃんのお仲間各位へ」


Blogが伝言板代わりに。やっぱりこれって変?
土曜日の方が天気が良さそうなので、土曜日にと思っていたが、土曜日は都合の悪い方が多く、日曜日に決定します。当方で日時を明確に決めてしまった方が良いようですので、決めさせて頂きました。悪しからずご了承下さい。ご都合の付く方は是非ご参加下さい。集合は石神井駅南口改札前、時間は10時30分。桜を見ながら親睦を図りましょう。時間が昼に掛かりますので、各自で昼食と飲み物の準備をお願い致します。私がブルーシートを一枚持って行きますが、レジャー用シート等お持ち頂ければ、さらに良しですね。
酒を飲んで騒ぐ会ではないので、ご家族もご一緒にどうぞ、
大歓迎です。 それでは日曜日にお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

石神井公園ぶらぶら歩き

三宝寺池畔の桜
2005.04.05 010
天気が良いので、花見の下見を兼ねて、石神井公園にウォーキングに出かけた。石神井公園駅の南口に出る。相変わらず狭い道路である。バスが来たら人さえすれ違うのに難儀な道幅なのだ。十字路を南に曲がり、ボート池に行く坂を下る。ボート乗り場は春休みの勢か子供連れが多い。杭の上では亀が春の陽を浴びて並んで甲羅を干していた。ボート池の南側を行き、小さな島の南にある野外ステージに出る。ここは桜が多いが、まだ開花してはいなかった。ボート池でオシドリの写真を写すも、毛繕いの最中で顔がはっきり見えていない。三宝寺池畔の茶屋から野球場の方向に上がる。このあたりも桜が多く、木製のテーブルとベンチがあり、花見には絶好の場所だ。やっと開花したばかりの木があるが、大半は開花していない。今週このまま暖かければ週末には見頃となるだろう。桜の写真は難しい。枝垂桜のように一本で絵になる桜は稀なのだ。もっとも腕が良くないのが一番の原因だろうが。

続きを読む "石神井公園ぶらぶら歩き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/04

もう一花咲かせよう

2005.04.03 025
今日の一句
咲く花も散る花もある浮世かな


何とかもう一花咲かせたいおっちゃんです。 
昨夕、タイヤのチューブを西友の催事場へ買いに行ったところ、欲しいサイズだけが売り切れていた。少し自棄気味にぶらぶらと街を歩いていたら、新しいディスカウントショップを見つけ商品が他店より安かったので少し食料品を買って来ました。(ここにも自転車のチューブは無かったが)ラッキーなのかアンラッキーなのか、今日の一句のようなものでした。自転車屋の前を通り掛ったので、チューブ交換は幾らするのか聞いてみたら、後輪の場合2,800円との事。絶対自分で修理しよう。
今日は前職の時の若い同僚からメールを貰いました。彼もギターを弾くのですが、私がギターを抱えている写真を見て、メールをくれたのです。懐かしく嬉しく読みました。Eさん、ありがとう!
雨が止んだら、スーツを作りに行き、自転車のチューブも買って来よう。ついにローマ法王が亡くなられた。世界の平和に多大な貢献をされたローマ法王、ヨハネ・パウロ2世のご逝去に謹んで哀悼の意を捧げます。

続きを読む "もう一花咲かせよう"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/03

まだボケる氣かいな?

団地の花壇に咲いた花
名前は分らないが、何と可憐な花であろうか
__2005.04.03 033
※(クリックすると大きい画像になります) 


今日は10時から団地の自治会の総会でした。
(あーそうかい…って、最初からオヤジギャグかい?)
昨年度の収支報告、会長、副会長の再選、今年度の予算承認、質疑応答などで、無事閉会。お茶を持参したが、愛媛のポンジュースを一本貰いました。あたしゃオレンジジュースよりミカンジュースの方が好きだな。自転車のパンクの具合を再確認に行ったが、チューブが完全にバーストしてました。グスン!チューブを買いに行かなくては。時間は今の所たっぷり(お金はちょっぴり)あるのだから自分で出来る事は自分でしよう。そういえばパソコンスクールに行っていた時は、ボケたり突っ込んだりしなかったなー。格好付けていた訳では無いけれど、ボケる雰囲気じゃないよね、勉強に来ているのだから。第一先生に失礼だしね。この処、何だか所在無く、天井に頭をぶつける程ではないけれど、ちょっとエアポケットに入った気分かな。

続きを読む "まだボケる氣かいな?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/02

桜が咲き始めた

今日の川柳のようなもの
「沢山の枝も有るのに幹に咲き」
「自転車もパンクとなると持て余し」
自転車でKさんとの待ち合わせ場所に行こうとして、駐輪場から自転車を引っ張り出すと、後輪がパンクです。しかもチューブがはみ出しそうになっていた。ショックです。(単なるイタズラか?)仕方なくスクーターで行きました。10時半に練馬駅北口のロータリー上、ガラスのピラミッドの所でKさんと待ち合わせ、約一月ぶり?でお目に掛かりコーヒーを飲みながらKさんの近況を聞いたり、スクールでの出来事を話したりしました。クラス仲間の住所録をメールの添付で送ったのですが、開けなかったという事で住所録をお渡しし、喜んでもらえました。Kさんは顔の色艶もよくお元気で、クラスの皆さんにも宜しくとの事でした。また今週末に予定している花見にも誘ったのですが、合唱クラブの合宿でスケジュールが取れないとの事です。今回は残念ですが、また次に集まるときにはお誘いする約束をして来ました。ところで桜の花が咲き始めましたね。桜って幹からチョコンといきなり咲いたりするんですね。カメラを持って出なかったので、惜しい事をしました。私のカメラは嵩張って、持ち歩き難いのが難です。
だらしの無いもので、のんびりしていると矢鱈に眠くなってきて困ります。今日も1時間ほど汁根(昼寝が正しい)をしてしまいました。時々「ひ}と「し」を間違えて笑われます。子供の頃は「ひ」の発音が出来ませんでした。(オヤジのせいです)これも東京の方言の一つですかね。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/01

完全休養日でした。

今日はゆっくり家で寛いでいます。CDを聴いたり、スクール仲間の住所録を編集したり、ギターの練習をしたり。ギターアンプはジャンクで買ったものですが、練習用には十分使えるし、今日はギターのネックセッティングが上手く行ったので、まともに弾けるになりました。どうも句読点の句点が苦手なのです。何処に打てば良いのか迷う事が有ります。♪「ヒロシの息子のヤスオです…」
ところで、就職のため一足先にスクールを辞められたKさんに明日会って、スクール仲間の住所録を手渡しする事になりました。その時、花見にもお誘いしようと思っています。花見は多分、今度の土曜日か日曜日になると思います。

続きを読む "完全休養日でした。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »