« レトルトカレー試食記#5 | トップページ | 別の医者に行ってみた »

2005/03/14

北インドのサロード音楽

__2005.03.14 001
今朝はどこかでウグイスの声がしていました。春ですねー。またバナナの朝食です。なんだかバナナばかり食べているとガッツ石松みたいですが、朝はバナナが手っ取り早くて良いですよね。今日は良く晴れていたので車窓からも富士山がくっきり見えました。富士山が見えると得をした気分になるから不思議です。今日からホームページ作成です。どんな風に出来上がるだろうか楽しみです。ダウンロードした素材を見たり、レイアウトを決めたりして、やっとタイトルを作った所でお昼になりました。いつものパン屋、神戸屋のパンです。今日はセサミベーコン、ミートパイ、牛乳、ポタージュスープでした。セサミベーコンは美味しいけどミートパイは少しがっかりです。と言うよりミートパイに対する私のイメージと違っていたのです。昼食後に仲間が温泉のお土産の饅頭をくれ、もう一人の仲間がゴディバのチョコレートをくれました。今日は良い日です。午後はエクセルでした。練習問題の答え合わせで、
IFにVLOOKUPが付いた式でしたが、考え方が分らなかった…。やれやれ…。帰り道、家の近くであまり聞いたことが無い小鳥の鳴き声が聞こえていました。姿は逆光でシルエットしか分らず、小さな望遠鏡でも持っていたらと思いました。ネットオークションで買ったインドのサロードいう楽器のCDが届いていました。安く買えたのでラッキーでした。シタールのラビ・シャンカールはコンサートにも行き、LPもCDも持っていますが、サロードは今回初めて聞くのです。インド音楽は好きなのです。もっと色々聴いてみたいので図書館に当たってみる積りです。サロードのCDをかけました。シタールほど音の伸びはありませんが、チョーキングのように弦を引っ張って音を揺らして演奏しています。2曲目はタブラとタンブーラが入り、テンポも速くなり緊張感のある演奏になります。サロードとタブラの掛け合いはスリル溢れる演奏です。因みにタンブーラは2人の奏者がクレジットされていますが2人とも日本人です。これは出会えて良かった演奏です。興味のある方は一聴をお勧めします。
「インドのサロード、ムガールの栄光、北インド音楽界きっての流派に伝わる秘曲ラーガ・ダルバーリー登場!アーシシ・カーン入魂のサロード演奏!」ワールドミュジックライブラリー、キングレコード。帯にこのように書かれています。
今日も読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

|

« レトルトカレー試食記#5 | トップページ | 別の医者に行ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/3296729

この記事へのトラックバック一覧です: 北インドのサロード音楽:

« レトルトカレー試食記#5 | トップページ | 別の医者に行ってみた »