« 雪景色の元旦 | トップページ | 父(150センチのフリース) »

2005/01/02

けんちん雑煮と餅のはなし

野菜不足の独り者のおっちゃんは雑煮をけんちん汁にしてみました。けんちん用の既に切った野菜のパック、大根、ニンジン、牛蒡、里芋+舞茸、水菜です。餅はオブントースターで焼いて入れました。汁は希釈して使う万能つゆの素で薄味に仕上げました。
う~ん、なかなか良いです。鶏肉、コンニャク、油揚げが入れば完璧な具沢山けんちん雑煮です。豚汁でも良いですね。我が家の伝統からは完全な逸脱ですが・・・。母さんお許しを!
我が家の雑煮は餅は焼かず、かまぼこ、小松菜、鶏肉の澄まし汁仕立てで、餅がとろける事もありました。父が餅好きで、昔はハガキの1/2くらいの大きさの餅でした。雑煮などは餅を3ヶ位食べるのです。また3ヶ日は朝晩雑煮でした。もううんざりして三日目くらいには普通のご飯やカレーが食べたくなるのです。餅は暮れに米屋さんが届けてくれるのを、包丁で切るのですが、端っこが出来ますよね、その端っこが乾燥したのを焼いて七味唐辛子を入れた醤油を付けて食べるのが好きです。それはもうほとんどオカキです。

最近は米屋さんも大変でしょうね、スーパーでも米を売ってるし、餅にしても一年中売ってるし、ですからオニギリやさんになった所もあります。米屋さんのオニギリが抜群に美味しいんですよ。江戸時代は賃餅つきのグループが越後や信濃から出稼ぎに来ていたんですって。セイロや杵や臼を大八車に載せて朝から晩まで江戸の町で餅をついて回って、お金を稼いで帰って行ったんですって。
私も中学2年と3年の時、年末に米屋さんでアルバイトをしました。袋に入った餅米を倉庫から井戸端までも抱えたり、担いだりして運び、餅米を又という字を逆さまにした様な物で水を換えながら洗って大きな樽で一晩置くのですが、その大きな樽を2人で天秤棒で担いで移動させるのは中学生の小さな体には、とても重かった。
次の日から餅米をセイロで蒸して、機械に放り込むとノズルから
にょろにょろと餅に成って出てくるのです。てんてこ舞いの大忙しでしたね。それをのし餅にしたり、お供えにしたりするのです。大きいお供えは30センチもあり銭湯に届けました。餅を届けて回っていたら同級生の女の子の家に行きあたり、すごく恥ずかしかった思い出があります。アルバイト最後の日は夕飯にプラッシー(米屋さんで売っていたジュース)が付き、賃金を貰うのですが、嬉しかったですね。封筒に入ったお金を大事にポケットに入れて上から手で押さえて走って家に帰ったのです。
今日も読んでくれてありがとう     おっちゃん拝

|

« 雪景色の元旦 | トップページ | 父(150センチのフリース) »

コメント

こんにちは。バイト代の入ったポケットを押さえて走る高木さん。かわいかったでしょうね(^-^)
実家で米を作っていた頃は、自分の家でとれた餅米を和菓子屋さんに頼んでついてもらっていたのですが、最近は「さとうの切り餅」です(笑)
昔のお正月のお餅、また食べたいですね。

投稿: dan | 2005/01/03 08:37

danさん おはようございます。
我が家も「サトウの切り餅です」。今も雑煮を食べたばかりですが餅が柔らか過ぎますね。切り餅などない時代の、密度の濃いしっかりした餅を、もう一度食べたいと思いますね。

投稿: 高木のおっちゃん | 2005/01/03 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/2444937

この記事へのトラックバック一覧です: けんちん雑煮と餅のはなし:

« 雪景色の元旦 | トップページ | 父(150センチのフリース) »