« 中華そばとクリスマスソング | トップページ | 何だか力が入らない »

2004/11/27

立川談志と若手精鋭落語家の会

2004.10.19.jpg

午前中、掛かり付けの循環器の医院に行き、定期的な診察を受け、予約しておいたインフルエンザの予防注射をして貰った。先日の健康診断の際にまたコレステロール値が上昇したので、今日から薬を出してもらう事になった。
自炊が億劫になり、食生活の管理を怠っていたので、コレステロール値が上昇のだ。野菜中心の鍋が良いのだけれど、不精している。また高いツケを払う結果になるのは、避けなければならない。また自炊に戻そう。野菜の値段も下がって来た事だし。

今夜は楽しみにしていた「立川談志と若手精鋭落語家の会」に行ってきました。若手精鋭落語家と銘打っているくらいですから、それぞれ楽しい話を聴かせてくれました。出演したのは順に立川志の吉、柳家喬太郎、春風亭昇太、中入りがあり、柳家花緑、立川談志。柳家喬太郎はシュールで良かった。春風亭昇太は話が伸び伸びしていたし、柳家花緑は師匠譲りの「時そば」でそばを食べるしぐさも、師匠小さん同様、実に旨そうに聴こえて腹の虫が泣き出すくらいだった。さて談志師匠だが、ジョークが利いていたし、やっぱり談志だねとしか言いようが無いのです。いわゆる大人の話をしたわけなのだが、はねてロビーに出たら、小学校の4,5年生くらいの男の子を連れてきていた人がいて、子供に話の内容を尋ねられたらお父さんどう答えるのか人事ながら心配になったり、子供に落語を聴かせてやろうというのは良い事だけど、まあ廓話だとか大人の話には?です。ジョークは今度友達に会ったら話してやろうと思ってます。受ける事間違いなしです。気になったことも・・・。前の席の女性の髪が一本だけピンと
立っていて、舞台に置いた白い屏風をバックにくっきり見え、気になって・・・。もう一つは若いカップル、男が時々連れの女に説明してる・・・、気の利かない野郎で・・・。
読んでくれてありがとう!     おっちゃん拝

|

« 中華そばとクリスマスソング | トップページ | 何だか力が入らない »

コメント

楽しかったようでようござんした。春風亭昇太の噺が聞いてみたい。
おもろないTV番組が多い時は、クラシックか上方噺の落語を
聞いています。劇場・映画館なんかで無粋な人がいると
気分が萎えますな~っ。そんなときは頭の中でライダーキック!
おっちゃんならどんな技を繰り出すのでしょうか?

投稿: lagopus55 | 2004/11/28 02:54

lagopus55さん おはようさんです。
春風亭昇太さん、よかったですよ。
こういうのは癖になりますね。また行きたくなりました。
柳家喬太郎さんもシュールな話で面白かったですよ。
大ホールで落語は?ですね。小さい所で聴く方が良いです。連れの女に落語を説明している気の利かない馬鹿野郎!
腹立たしくて、後頭部を蹴飛ばしてやりたくなりますね。

投稿: 高木のおっちゃん | 2004/11/28 06:55

ぁゅニンです。こんばんニャ。

落語、楽しい時間を過ごせてよかったですね。
説明云々・・・については映画でもよくある光景で
ぁゅニンはどちらかというと訊かれる立場のことが多かったけどやっぱりちょっと迷惑ですよね。周りにもイヤがられるし気をつけようと思いました。

インフルエンザは今年初めてかかったけど
予防注射しておいたほうがいいのかな?
自費だと高いらしいですよね。
しかも効くか効かないかあまりわかんないだとかで・・・。

投稿: ぁゅニン | 2004/11/28 16:38

ぁゅニンさん こんばんは。
落語の会はとても楽しかったですよ。
寄席では一人の演者の持ち時間が短くてね。
談志師匠も言ってたけど会場が大き過ぎました。

インフルエンザの注射の箇所が熱っぽくて、何故か力が入らないみたいです。確かに自費では高いですよね。失業中だけどダウンするのも怖かったので、予防注射をしました。
これで効かなかったらチョット辛いけど、信じましょう。

投稿: 高木のおっちゃん | 2004/11/28 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/2083085

この記事へのトラックバック一覧です: 立川談志と若手精鋭落語家の会:

« 中華そばとクリスマスソング | トップページ | 何だか力が入らない »