« 公園で | トップページ | 親子二代の麺好き人間#2 »

2004/07/22

親子二代の麺好き人間

04.07.21.kouen 006.jpg真夏の藤の花
最近は中々うまく睡眠が取れないな。最初から泣き言で済みません。従って朝食の時間が遅くなり、万事が半端になってくるが、無理に修正してもストレスになってしまいそうだから、ボチボチ行きます。今日は父に差し入れる時代小説を光が丘のブックオフへ買いに行ってきた。運良く平岩弓枝著「はやぶさ新八御用帳」の四と六が手に入る。一冊の中に短編が七~八編入っているのが、父には読み易いようで、先日も「これは良いぜ」と言っていたし、他の入所者も楽しみにしている人が居ると言っていた。僕もコンスタントに差入れしてやりたいと思う。昨夜冷蔵庫に残っていた豆腐半丁と豚小間切れ肉で、肉豆腐を作ったら汁が美味く出来たので、捨てずに置いて、そうめんを茹でて付け汁にしたら、なかなか美味かった。僕の父は麺類が大好きで、(若い頃には、もり蕎麦を十枚位いっぺんに食べたことが有ったと言っていた)仕事から遅く帰って来ると、ご飯は食べず麺を食べていた。蕎麦、うどん、焼き蕎麦、スパゲティー麺なら何でも良いのである。今は老人介護施設に居て、出てくるうどん等は喉に詰まらぬ様に最初から短く切ってあるのだと言う。仕方ない事とはいえ、麺好きの父にすれば、やはり不満のようだ。むかし父に蕎麦の食べ方を教えて貰った事があった。人と食事で蕎麦屋に入り、もり蕎麦を食べたとき、その人が「美味そうに食うねぇ」と感心していた。母の手打ちうどんも美味しかったなぁ。さあ、一風呂浴びて、はやぶさ新八を読んで寝るとしよう。
読んでくれてありがとう     おっちゃん拝

|

« 公園で | トップページ | 親子二代の麺好き人間#2 »

コメント

これだけ暑いと台所でもできるだけ火は使いたくないですね。ということで、ざるそば、冷やしうどん。
この時期18きっぷが売り出されるので、福井、島根、長野へ本場の蕎麦を食べによく行きます。素浪人の分際で。。。
うまい麺類で夏を乗り切りましょう。

投稿: lagopus55 | 2004/07/23 07:25

父も私も蕎麦っ食いで、仕事で長野に行った時は、お昼は殆ど蕎麦でした。何も持たずふらっと電車に乗って、蕎麦を食いに行きたいですね。東京は暑い日の続く空梅雨でしたが、今年の大雨に痛め付けられた地方の皆さんには心からお見舞い申し上げます。

投稿: 高木のおっちゃん | 2004/07/23 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38302/1028034

この記事へのトラックバック一覧です: 親子二代の麺好き人間:

« 公園で | トップページ | 親子二代の麺好き人間#2 »